TRYフィナンシャルサービスの審査落ちた人の特徴と対処法

TRYフィナンシャルサービスに落ちた原因と審査落ちしたときの対処法についてわかりやすく説明しています。TRYフィナンシャルサービスに申し込みを考えている人や落ちた人は、まず下記の項目をチェックしてください。

消費者金融TRYフィナンシャルサービスの融資審査について

ネットでTRYフィナンシャルサービスの口コミを見ていると公式サイトが明言しているからか「審査が甘い」「ブラックにやさしい」「独自審査」などいった口コミが目立っています。

try

TRYフィナンシャルサービスのこのような口コミを見てしまったら、誰でもキャッシング(お金を借りること)が出来るのでは?と錯覚する人もいるかもしれませんよね。

ですが中小系の消費者金融とはいえTRYフィナンシャルサービスはれっきとした貸金業会に認められた消費者金融です。

ですから、もちろん審査もあれば審査落ちの基準もあります。

そこでこの記事では、こうしたTRYフィナンシャルサービスのポイントや審査落ちた人の原因などをまとめました。

今回の情報は自転車操業に陥ってる人に読んでいただきたい内容もあるので、ぜひ最後まで目を通してもらえればと思います。

トライフィナンシャルサービス 過去に債務整理など事故がある人も申し込み可能

トライフィナンシャルサービス
パート・アルバイト・日雇い等幅広い審査
  • 実質年率 9.85%~18.0%
  • 限度額 1万円~300万円
  • 申し込みはネットから24時間受付可能
  • 最短で即日融資も可能!使い道自由!
  • 担保・保証人不要!在籍確認も柔軟に対応
ボタン

銀行カードローンや大手消費者金融との違いは?

TRYフィナンシャルサービスフリーローン利用条件
融資条件満20歳以上で定期収入のある方
融資金額1万円~300万円
金利(年率)9.85%~18.0%
返済回数1回~120回
返済期間~最長10年
返済方法元利均等 自由返済
担保・保証人原則不要
必要書類本人確認書類(運転免許証など)
直近2ヶ月以内の給与明細書または源泉徴収票
印鑑
遅延損害金年20.0%

金利や条件などは大手消費者金融と違いがありませんが「TRYフィナンシャルサービス公式サイト」にはこのような文言があります。
  • パート・アルバイト・主婦・日雇いの方などご相談可能です。
  • 過去に債務整理など事故がある方もお気軽にご相談して下さい。

こうしてみると、確かに銀行カードローンや大手消費者金融よりも柔軟な審査を行っていると言えるでしょう。

try

中小企業の消費者金融の利点として、柔軟な審査基準という点があげられますが、TRYフィナンシャルサービスもそれにならっているようです。

ですから、他の消費者金融で審査が通らなかった人はチャレンジしてみる価値はあると思います。

即日融資を目指すならチェック!

しかしTRYフィナンシャルサービスの審査基準は非公開です。

そのため、審査落ちた人は、なぜ審査に落ちてしまったのかと疑問に感じるでしょう。

しかし、これまでTRYフィナンシャルサービスに審査落ちした人の傾向から、原因は以下の5つと推測できます。 TRYフィナンシャルサービスに申し込みを考えている人や落ちた人は、まず下記の項目をチェックしてください。

キャッシング審査に落ちた人の5つの原因

審査落ちの原因①前回の延滞から日が浅い

TRYフィナンシャルサービスの審査では、個人の収入状況だけでなく、過去に行ったお金の取引も確認します。

信頼性が損なわれる要素として見過ごせないのが、「延滞」「滞納」です。

2ヶ月以上の長期滞納をすると、その内容が「信用情報機関」に登録され、最低でも5年間は残ります。

そのため、過去1年以内で長期延滞をしているのなら、たとえTRYフィナンシャルサービスでも、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

過去に他のローンやクレジットカードで、遅延や延滞といったトラブルがある場合は、審査通過は厳しいのかも知れませんね。
口コミが知りたい人はチェック!

審査落ちの原因②収入や勤続年数が少ない

TRYフィナンシャルサービスだけでなく、金融機関の審査でかなり重視されるのが「収入」「勤続年数」です。

収入

収入の多さだけでなく、安定性も重視されます。当然、フリーターよりも正社員の方が有利となります。

また、収入が少ないと、後述の「総量規制」が原因で審査に落ちる可能性も出てきます。

勤続年数

アルバイトやパートでも、同じ職場で長く働いていれば高評価のポイントとなります。

反対に、勤続年数が短く職を転々としている場合は、信頼性が低く見られてしまう原因にもなります。

最低でも半年以上の勤続年数があるといいでしょう。

借入希望額

借入希望額が多過ぎる場合も、審査に落とされる要因の一つです。

そのため、審査では必要最低限の借入れ金額に設定しておくことをおすすめします。

審査落ちが不安ならチェック!

審査落ちの原因③総量規制の借入総額に近い

TRYフィナンシャルサービスなどの貸金業者では「貸金業法」という法律が適用され、「総量規制」が原因で審査で弾かれることもあります。

また、たとえ年収の1/3を越していなかったとしても、既に上限に近い状態で申込んだ場合でも審査落ちた可能性があります。

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

 

例えば、年収が240万円の場合...
「年収の3分の1」の80万円までしかお金を借りることはできません。

もし他の消費者金融で合計60万円の借入れがあるなら、残りの20万円がTRYフィナンシャルサービスで借りれる金額となります。

1/3以上借りたいならチェック

審査落ちの原因④複数社への同時申込

TRYフィナンシャルサービスの審査では、今現在のローン申込件数も調査されます。

この際、申し込み件数が多いと、多重債務者の予備軍とみなされ審査落ちします。これが、俗に言う「申し込みブラック」という状態です。

正式な件数は非公開ですが、1ヶ月以内に4件の申し込みをしていると、審査に落ちてしまう可能性は高いです。

審査落ちの原因⑤虚偽申し込み

申し込みの際に申告ミスをしてしまうと、それが審査に影響します。

お金の貸し借りは、個人と金融機関の信頼があってこそ成り立っています。

情報の申告や書類の提出がいい加減だとその信頼も失ってしまうでしょう。

多少のミスであれば、情報訂正や再確認で済むかも知れないけれど明らかな虚偽の情報を申告すると、悪意があるとして審査落ちしてしまうでしょう。

審査が不安な人は要チェック!

TRYフィナンシャルサービスの審査落ちの原因と対処法(まとめ)

エスジーファイナンスは、破産者などにも一定条件のもとでお金を貸している貸金業者です。

try

実際に、「債務整理者でもTRYフィナンシャルサービスのフリーローンで借りれた」という評判も見かけます。

そのため、他の金融機関でお金を借りれなかった人が、こぞってTRYフィナンシャルサービスに申し込みすることもあるようですね。

ですが正規の貸金業者である以上ある一定の審査の基準はあり、審査落ちの基準も当然あります。

申込めば誰でも通るわけではないので、審査の甘さについて過剰に期待するのは禁物でしょう。

口コミが知りたい人はチェック!

TRYフィナンシャルサービスのキャッシング審査に落ちた時の対処方法

TRYフィナンシャルサービスの審査に落ちてしまった場合の対象方法としては、次のような方法が効果的です。
  • ブラックリストの登録から1年ほど経過してから申込む
  • 勤続年数が半年以上経過してから申込む
  • 借入希望額を最低額の1万円に設定する
  • 他社借入がある場合は、返済をして借入総額を減らしておく
  • TRYフィナンシャルサービスの「フリーローン」ではなく「借換ローン」を申込む(総量規制の対象外となるため)

TRYフィナンシャルサービスに落ちた人で、その他の消費者金融への申し込みを検討している人は、ヤミ金や自己破産を考える前に以下の消費者金融もチェックしてみてください。

サービスが充実しており、多くの人に利用されています。

ボタン
TRYの新サービスも要チェック!