プロミスの審査は債務整理者でも可能?

プロミスの審査は債務整理者でも通るの?この記事では債務整理者がプロミスの審査に通るコツとお金を借りる条件についてまとめています。

プロミス 債務整理

過去に債務整理をしたことがあれば、「債務整理をした私でもプロミスの審査に通るのかな…」
と不安ですよね。

プロミスでは債務整理については借入出来る人と借入出来ない人がいます。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

この3種類の内、自己破産の債務整理後だけはお金を借りることはほぼ不可能です。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

プロミスでは自己破産の債務整理は審査不可

残念ながら自己破産の場合は5年を過ぎてもプロミスでは審査や借入ができません。

というのも自己破産の債務整理=今までの借り入れを免除してもらったということになるからです。

point!
審査落ち 原因
自己破産を行ってまた多額の借り入れを背負ってしまった場合、再び自己破産前の状態に戻ってしまう可能性が高いので、あえてこの大きなリスクを背負ってまで審査して融資してくれる金融機関はまず見つからないでしょう。

プロミスと同じSMBCグループのSMBCモビットも同様なので、プロミス・SMBCモビット以外のカードローンに申し込みましょう。

プロミスでは債務整理(任意整理・個人再生・特定調停)なら審査の可能性あり

過去に債務整理したけどプロミスの審査を受けたい。

任意整理・個人再生・特定調停に関しては5年~10年経てば再びプロミスで借り入れすることが可能となります。

ただし、これら返済型の債務整理は「過去に借りた金融機関に返済額を減らしてもらう」という迷惑をかけた上で返済するということ。

具体的には裁判の判決内容(任意整理では金融機関との契約内容)をよく確認し、債務整理後の借り入れが認められている場合にのみ新たな申し込みを検討すべきでしょう。

プロミスの債務整理者への対応

自己破産融資不可能
任意整理和解後、きちんと完済済みであれば
再度融資が可能な場合有り
個人再生和解後、きちんと完済済みであれば
再度融資が可能な場合有り

つまり、過去にプロミスで任意整理をしたとしても

  • 5年以上経過している
  • 任意整理後から現在までで、滞納や延滞などをしていない

この2つの条件を満たしていれば、借入することができます。

審査通過後は少額融資で様子見のパターンが多い

債務整理者は無事にプロミスの審査を通過したケースでも、限度額が5万~10万円と少額に収まっているパターンが多く見られます。

これは「まずは少額で取引をして、経過が良好であれば増額も考えていきましょう」というプロミスのスタンスでもあります。

少なからずブラックな情報を持っているわけですから、その点を軽視することはできません。そうなるとプロミスの審査後の少額で様子見というのも納得ですね。

プロミスの審査に通るか不安な債務整理者はどうやってお金を借りる?

プロミスの審査に通るか不安な債務整理者は各機関の情報記録期間や、情報がどのように扱われているのかをしっかり確認しておきましょう。

プロミス 審査

各機関の情報記録期間はこんな感じです。

自己破産情報の記録期間一覧

全国銀行個人信用情報センター(KSC)最長10年で削除
CIC最長5年で削除
JICC最長5年で削除

このように「CIC」や「JICC」なら、破産情報は5年で消去されます。

なので「CIC」や「JICC」の情報だけを参照するクレジットカード会社やプロミスなどの消費者金融なら影響はないのです。

例えば、破産免責後5年以上が経ち、クレジットカードやローンを利用したいと考えたとしましょう。

point!
その時、プロミスやアイフルなどの「CIC」や「JICC」の情報だけを参照する会社を選択すれば、借入できる確率がぐんとアップするということ。

ただし金融事故を起こしたために審査通らない人が銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りれるようになるには、過去5年から10年の間に金融事故起こしても、現在は借金がゼロになっていることが条件です。

プロミスで債務整理したなら同社の審査は通らない

プロミスで借入して債務整理などの金融事故を起こすと、プロミス社内では「社内ブラック」として会社が存続する限り半永久的に記録が残ります。

そのため、個人信用情報機関から金融事故情報が消える5~10年が経過しても、プロミスの審査に通ることはありません。

これは他のカードローン会社にも同じことが言えます。

過去に債務整理などの金融事故を起こしてしまった人は、個人信用情報機関から金融事故情報が消えていたとしても「債務整理時に迷惑をかけていないカードローン会社」の利用を検討するようにしましょう。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

プロミスの審査前に信用情報の開示請求を

金融事故を起こしてから5年が経過した債務整理者はプロミスなどのカードローン会社の利用を検討しているなら、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をして金融事故情報の記録が消えていることを確認してから申し込むようにしましょう。

信用情報開示

個人信用情報機関に開示請求することで、自分の信用情報を確認することができるのです。

個人信用情報機関は株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「一般社団法人全国銀行協会(KSC)とあり、プロミスはCICとJICCの2社に加盟しています。

point!
信用情報の開示請求に必要なものは、どちらも「発行手数料」「登録情報開示請求書」「本人確認書類(身分証明書)」の3点です。
また、窓口で開示請求を行なう場合には発行手数料が500円、郵送・パソコン・スマートフォンなどのインターネットで開示請求する場合には、発行手数料が1000円かかるので覚えておきましょう。

プロミスに匿名でお金を借りることが出来るか相談も有効

プロミスは電話相談も行なっています。過去に債務整理を行って自分の状況でも申込む価値があるのか不安な方は、気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょう?

申込み前なので、名前も住所も必要ありません。まずは状況を伝えて、見込みはあるか確認だけでもしてみるといいですよ。
プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン