プロミスとアイフルの審査の違いは?

プロミスアイフルならどれが審査に通りやすい?お金を借りたいけど審査に通過できるか心配という人の為にプロミスとアイフルの違いをまとめています。
  • プロミスとアイフルの審査の違いは?
  • カードローンでお金を借りたいけど、審査に通過できるか心配
  • プロミスとアイフルならどっちが審査に通りやすい?

審査には自身のステータスや信用情報など様々な項目をチェックされるので、審査通過できるのか心配になる気持ちはよく分かります。

審査通過率を比較

そこで今回の記事では、実際に大手カードローンであるプロミスとアイフルの審査通過率を確認、比較しながら、どのカードローンが最も審査を通過させやすいのか確認していきましょう。

審査通過率の高いカードローンを選ぶことは、融資成功のための良い方法の一つと言えますよ。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

プロミスとアイフルの審査通過率

point!
チェック審査通過率とは、「申込者に対して何%の人が審査に通過したのか」という比率のことを言います。
例えば100人の申込者がいて、50人が審査通過したとすれば、50人/100人=0.5となるので、50%の審査通過率となります。

プロミスとアイフルは審査通過率を公表している

プロミスやアイフルのような大手消費者金融や銀行では、株主に対しての業績報告の中で、審査通過率を公表しています。

金融業者によっては「承認率」や「成約率」などと表記されている場合もあるのですが、どれも審査通過率とほぼ同じ意味です。

プロミスの審査通過率

大手消費者金融会社のプロミス、アイフル、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を見てみましょう。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

プロミス
2018年7月44.6%
2018年8月46.4%
2018年9月45.9%
2018年10月47.0%
2018年11月45.9%
2018年12月43.4%
6か月平均45.5%

アイフルの審査通過率

アイフル 即日融資も可能【30~40代に人気】
アイフル
審査が不安なら1秒借入診断♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短30分
  • WEB簡潔で誰にもバレずカード受取
  • 初めての人は30日間金利が0円!
  • 即日融資も可能!女性にも人気が高い

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

アイフル
2018年7月45.3%
2018年8月46.0%
2018年9月46.3%
2018年10月45.9%
2018年11月45.5%
2018年12月42.8%
6か月平均45.3%

審査通過率で選ぶならプロミスがおすすめ

上記のように審査難易度で選ぶならおすすめはプロミスとなっています。

プロミスは若い世代の方に人気のカードローンです。さらにプロミスでは女性専用プロミスレディースカードローンもあり、カードローンの利用が初めてで不安な女性をしっかりとサポート。
カードローンの審査難易度が低いだけではなく、女性支持率の高さもプロミスの特徴です。

プロミスとアイフルの審査基準

チェックプロミスとアイフルは、20歳以上69歳以下の人が申し込みの対象になっています。

どちらも、安定した収入がある人ならパートやアルバイトでも申し込むことができます。

そして、どちらの会社も消費者金融ですから、総量規制の範囲内となります。他社で年収の1/3以上の借り入れがあると審査は通りません。

審査に関してはどちらもスコアリングシステムで行われ、年収や雇用形態など点数化して自動的に審査されます。審査基準はどちらも大きな違いは無いでしょう。

消費者金融審査条件審査時間
アイフル20歳以上69歳以下30分~1時間
プロミス20歳以上69歳以下最短30分

プロミスもアイフルも審査時間は最短30分で行われ、大きな差はありません。

プロミスとアイフルの審査受付時間

プロミスとアイフルの審査受付時間は即日融資を希望する方は、平日と土曜日は21時まで審査を受け付けているので、それまでに申し込みを完了させてから自動契約機で融資の手続きを行いましょう。

審査時間 比較

自動契約機の営業時間が、プロミスやアイフルは22時までになるので、余裕を持って19時までに終わらせておきましょう。
消費者金融審査の受け付け時間自動契約機の営業時間
アイフル21時まで(祝日を除く)8:00~22:00(一部21時)
プロミス21時まで(祝日を除く)9:00~22:00(一部21時)

上記のように、 自動契約機はどこの会社も遅い時間まで営業していますが一番営業時間が長いのはアイフルとなっています。

プロミスとアイフルの審査後のサービスの違い

どちらも大手消費者金融であり、信頼性や利便性が高い点では同じです。しかしプロミスとアイフルはサービス面において様々な違いがあります。
無利息サービス内容
アイフル契約日の翌日から30日間無利息
プロミス初回借入日の翌日から30日間無利息

各社の無利息サービスを利用するには、それぞれ条件が設けられています。それぞれの利用条件について確認します。

アイフルの無利息期間

アイフルでは、はじめて無担保キャッシングローン(カードローン)に申し込みする方に限り「30日間利息0円サービス」を実施中です。

[su_box title="30日間利息0円サービスとは!" box_color="#b0eaf5" title_color="#1d1919"]

対象者:アイフルをはじめて利用、かつ無担保キャッシングローン(カードローン)を利用する方


サービス内容:契約日の翌日から最大30日間分が無利息

[/su_box]

「30日間利息0円サービス」とは、契約日の翌日から30日間分の利息が0円になるお得なサービスです。

例えば20万円を金利18.0%で借入れしたとして、30日後に返済すると通常なら支払利息が2,958円かかりますが、無利息サービスを活用すればこれがタダになります。

20万円(借入額)×18.0%(金利)÷365日×30日(無利息期間)=2,958円

プロミスなら初回借入日の翌日から30日間無利息

プロミスでは、はじめて無担保キャッシングローン(カードローン)審査に申し込みする方に限り初回借入日の翌日から30日間利息0円サービス」を実施中です。

[su_box title="30日間利息0円サービスとは!" box_color="#b0eaf5" title_color="#1d1919"]

対象者:プロミスの初回利用者かつ、WEB明細を利用する


サービス内容:初回借入日の翌日から最大30日間分が無利息

[/su_box]

「30日間利息0円サービス」とは、初回借入日の翌日から30日間分の利息が0円になるお得なサービスです。

point!
  • アイフルの無利息期間=契約日の翌日から30日
  • プロミスの無利息期間=初回借入日の翌日から30日

30日間無利息サービスは、プロミスと契約をしていても、初回借入を行うまで適用されません。つまり、先にプロミスと契約だけ済ませておいても、30日間無利息期間サービスは無駄になりません。

金融君

プロミスの30日間無利息サービスは、プロミスからの借入が本当に必要になった時に、利用することができます。そのため、プロミスから借入するか迷っている人は、先に契約だけ済ませておくことをおすすめします。

無利息期間中に完済すれば利息0円で済みますが、借入期間が5ヵ月程度であれば、無利息効果により低金利な銀行カードローンと同等の利息になります。

[su_box title="point!" box_color="#ec7e11" title_color="#1d1919"]

「消費者金融は金利が高い!でも銀行カードローンは審査に通るか不安……」と悩んでる方は多いのですが

短期間の借入であればプロミスの無利息サービスを上手く活用したほうが、銀行カードローンよりも利息を少なく抑えることができます。[/su_box] 

プロミスとアイフルの企業情報

アイフル 親会社

それぞれの会社は安全なんですか?借りたいと思っているけど消費者金融だし心配で…

お金を借りる時は金利や融資までのスピードも大切ですが、安心できる企業かどうかというポイントも重要となってきます。

特徴を比較

プロミスの親会社はSMBCグループ

プロミスの親会社は実は大手都市銀行「SMBCグループ」!

check!

チェック2004年度、プロミスは三井住友銀行と提携を結びました。

そこから8年の月日を経て、2012年、プロミスはSMBCグループを親会社とし、そのときに、社名をSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に改めたのです。

プロミス 親会社

SMBCモビット同様、 プロミスの親会社としてSMBCグループが現在経営母体にあります。

アイフル=親会社を持たない独立金融

アイフルは親会社を唯一持たない珍しい「完全独立型の金融機関」です。

アイフル 親会社3

しかし独立金融というのは本来「倒産しそうになっても助けてくれる会社がない」ため、その経営はむずかしいとされる側面があります。

その上でアイフルは、プロミスやSMBCモビットなどと並び「即決即日・最短即日融資」をモットーにした大手ブランド金融の信頼性を得ている為その利用顧客もかなり多く、これにアコムを含めた「独立金融界の四天王」と称されるほどの力強い知名度を獲得しています。

アイフル 親会社

その上で、「借りやすさ」を実現している、実力のある消費者金融だとすれば人気のほども納得できるというものですね!

プロミスとアイフルの審査の違い(まとめ)

プロミスとアイフルの審査の違いを見てきましたが、以上のことからプロミスとアイフルの審査に向いている人は以下のいずれかに該当する方です。

カードローン審査 ポイント

[su_box title="プロミスの融資が向いている人" box_color="#ec7e11" title_color="#1d1919"]
  • 30日間の無利息サービスが欲しい人
  • 審査通過率の高い所が良い人
  • レディースローンも併設しているところが良い人[/su_box]
[su_box title="アイフルの融資が向いている人" box_color="#ec7e11" title_color="#1d1919"]
  • 30日間の無利息サービスが欲しい人
  • 審査スピードの速いカードローンが良い人
  • 自動契約機の営業時間が長い所が良い人[/su_box]

プロミスとアイフルは細かい部分に至るまで基本的な仕様が非常によく似ているので、最終的な決め手になるのは借りやすさと利便性になります。

金融君

審査通過率を公表している点や無利息期間で選ぶならプロミス、自動契約機の多さで選ぶならアイフルを選ぶと良いのではないでしょうか。