プロミスはイオン銀行ATMで利用できる?

プロミスはコンビニや大手銀行など多くのATMで利用できます。では「イオン銀行ATM」ではどうなのでしょうか。今回は、イオン銀行ATMでのプロミスの利用に関して徹底解説していきます。

借入 注意点

イオン銀行ATMでプロミスは利用可能?

プロミスはイオン銀行ATMでも利用できます

イオン銀行ATMで利用できるプロミスのサービスは以下のとおりです。
  • 出金(借入)
  • 出金照会
  • 入金(返済)
  • 入金照会

利用方法も「プロミスカード」をATMに挿入して、暗証番号等を入力していくなので簡単に借入や返済が可能です。

そこで今回の記事では、イオン銀行ATMでのプロミスの利用に関して徹底解説していきます。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

イオン銀行ATMでプロミスが利用できる時間は?

イオン銀行ATMでプロミスが利用できる時間は「0:05~23:45」です。

プロミス 時間

このため、ほぼ24時間イオン銀行ATMでプロミスは利用可能です。

【注意!】 毎週月曜0~7時はメンテナンスで利用不可

プロミスの定期メンテナンスは、毎週月曜日の0時から7時です。

また、毎年1月1日の0時から24時、1月2日の0時から7時までの時間も定期メンテナンスが行われ、この期間はプロミスを利用することはできません。

特に1月1日は終日借り入れも返済もできませんので、「お正月のお金は年が明けてからプロミスで借りる」という方は、必ず12月31日までに借り入れを済ませておきましょう。

プロミスはイオン銀行ATMでも借入・返済可能!利用手数料は?

イオン銀行ATMでは利用手数料が発生します。利用手数料は借入・返済ともに以下の通りです。

利用金額ATM利用手数料
1万円以下108円
1万円超216円

取引単位は?

イオン銀行ATMでは借入・返済ともに、「千円単位」で行なえます。そのため、「1,000円だけ借入したい」というような時にも対応可能です。

プロミス イオン銀行

ちなみに、千円単位で借入が可能なATMは非常に少ないです。

2018年5月時点では、イオン銀行以外だと以下の4つのみです。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • ゼロバンク

その他のATMは1万円以上からの借入となります。

イオン銀行以外のプロミスの提携ATM

プロミスはイオン銀行以外のATMでも、たくさん利用できるATMがあり、それらのATMも知っておくといざという時に便利です。

プロミス 借りる

提携銀行三井住友銀行
セブン銀行
東京スター銀行
福岡銀行
三菱UFJ銀行
イオン銀行
第三銀行
熊本銀行
西日本シティ銀行
横浜銀行
クレジット会社クレディセゾン
コンビニセブン銀行ATM
ローソンATM
ファミリーマート(E-net)
ミニストップ(E-net)
スリーエフ(E-net)
コミュニティストア(E-net)
デイリーヤマザキ(E-net)
生活彩家(E-net)
セーブオン(E-net)
ポプラ(E-net)
セイコーマート(E-net)

イオン銀行やその他ATMでは手数料が掛かる事も

上記の通りプロミスの借入返済でイオン銀行を利用する場合、手数料が発生します。

プロミス イオン銀行

金利を含めずに考えますが、例えば、20万円を月々2万円ずつ返済するとした場合、返済回数は10回になります。

月々の返済時の取引額が1万円を超えるので毎回216円が必要となり、返済回数10回にかかる手数料合計が2,160円(216円×10回)となります。

プロミス イオン銀行

これが金利とは別に発生するんですね。
check!

チェック移動手段などにもよりますが、もし、プロミスATM、または三井住友銀行ATMに立ち寄れる環境にあるのであれば活用したいところ。

日常的に立ち寄るコンビニなどは、ほぼ24時間に対応と手軽に利用できて便利ですが、返済方法を考える際、必要な手数料も把握しておくことが大事です。

コンビニ返済はメディア端末を利用

プロミス イオン銀行2

イオン銀行は便利だけどプロミスの借入・返済に手数料が掛かってしまうんですね。
プロミス イオン銀行3

実は返済だけならコンビニでも24時間手数料をかけずに返済する方法があります。

それがメディア端末を活用した返済です。

「Loppi」「Famiポート」など名前を聞いたことがあるかも知れませんが、ローソンやミニストップ、ファミリーマートに設置されているマルチメディア端末のことです。

ファミポート

設置されている店舗は限られていますが、プロミスではメディア端末を利用した返済に対応しています。

その為、もしLoppi、Famiポートを設置しているコンビニが近くにあるのであれば、手数料をかけずにコンビニから返済することができます。

プロミスはイオン銀行も利用可能(まとめ)

プロミスはイオン銀行ATMで借入・返済ができます

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

利用可能時間も基本24時間であるため、曜日や時間帯を選ぶことなく利用でき、大変利便性も高いです。

また、1,000円単位で借入が可能な数少ないATMのひとつであるため、「数千円だけ借入したい」というような時にもしっかり対応してくれます。

プロミスはイオン銀行

ただし手数料がかかる為、返済期日までに時間がない人や返済回数が極力少なくできる場合のみの利用をおすすめします。
プロミスはイオン銀行2

借りたお金は返し終わるまで気を抜かず、無駄のない返済プランを考えるべきということですね!