プロミスで50万円お金を借りる時

プロミスでは50万円を超えるお金を借りる場合どのような審査が行われるのか。ここでは50万円プロミスで借りたい場合の申し込み方法や審査基準や毎月の返済額についてまとめています。
プロミス 金利

プロミスで50万円お金を借りるには?プロミスは三井住友銀行グループの大手消費者金融業者で、全国に店舗を展開して貸出を行っています。

プロミスのカードローンで50万円を超えるお金を借りる場合、どのような審査が行われるのでしょうか。

ここでは、50万円より多くプロミスで借りたい場合の申し込み方法や審査基準、また、利用限度額の増額方法について詳しく解説します。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

プロミスで50万円お金を借りるには収入証明書類が必要

プロミスの申し込みを行う際には、審査・契約時に必要な本人書類があります。

お金を借りる 書類

まず、プロミスの申し込み時に必ず必要になってくるのが本人確認書類です。本人確認書類として提出可能なものは以下のようになっています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(+住民票など) いずれか1点

プロミスで50万円を超える利用限度額を希望している場合、本人確認書類以外に必要となってくるのが収入証明書類です。

収入証明書類が必要となる条件は以下の通り。

check!
  • プロミスでの希望する借入額が50万円を超える場合
  • プロミスでの希望する借入額と他社での借入額の合計が100万円を超える場合

特に50万円を超えて借りたい場合は、本人確認書類と収入証明書類の両方が必要ということになります。プロミスで有効な収入証明書類として提出可能なものは下記の通りです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

公務員や会社員、アルバイト・パート・アルバイトの方は、源泉徴収票や給与明細書、個人事業主や自営業の方は確定申告書の提出で問題ありません。

もし、すぐにプロミスでお金を借りたいのであれば、24時間申し込み可能なWEB申し込みで申し込みをして、利用限度額を収入証明書類の提出が不要である50万円以下で申告するようにしましょう。

ロミスで50万円お金を借りる時の毎月の返済額の出し方

プロミスで50万円お金を借りる時の毎月の返済額の出し方ですが、プロミスの返済額は「残高スライド元利定額返済方式」によって設定されています。

プロミス 返済

point!
「残高スライド元利定額返済方式」とは、最終借入後の残高に応じて返済額が変動(スライド)する方式の事です。

返済額は借入残高に一定の割合を掛けて計算できます。

借入残高返済金額返済回数
30万円以下借入金額×3.61%(千円未満切り上げ)36回
30万円超~100万円以下借入金額×2.53%(千円未満切り上げ)60回
100万円超借入金額×1.99%(千円未満切り上げ)80回

あなたが借り入れている金額を上記の3つのいずれかに当てはめます。

そうすると、借入金額の何%をかけた金額が返済金額になるかわかりますよね。この、借入残高(トータル)にかけた金額が最少返済金額になるんです。

プロミス 50万円

例えば、5万円お金を借りる後に2万円借りて合計7万円借りた場合、トータルの7万円×3.61%=2,527円、千円未満を繰り上げて3,000円が返済金額になります。

プロミスで50万円お金を借りる時の金利と最低返済額

プロミスで50万円お金を借りる時とその他のカードローンの金利と最低返済額は以下のようになっています。借入残高によって最低返済額が変わります。

特徴を比較

金融機関最高限度額金利最少返済額
プロミス500万円4.5~17.8%13,000円
アコム800万円3.0~18.0%15,000円
アイフル800万円3.0~18.0%15,000円
レイクALSA500万円4.5~18.0%12,000円
SMBCモビット800万円3.0~18.0%13,000円
プロミス 50万円

返済額に大きな違いはないものの、同じ金額を借りても返済金額が違うことがわかりますね。

各社が採用している返済方式や返済金額の金額が違うため、返済金額の違いが出ています。

check!

プロミスでは残高スライド元利定額返済方式となるので1ヶ月目以降残高が減るとともに利息も減っていきます。

1ヶ月目の利息は1483円ですが12か月目の利息は107円計画的に期間を決めて返済を進めていけば利息による負担はそれほど大きくはないずです。

キャッシングの返済金額と返済回数シミュレーション

50万円キャッシングした場合プロミスが設定している4,000円で最終回まで入金した場合と、5,000円と8,000円で返済シミュレーションしました。

プロミス 金利

月々返済額支払月数支払総額
13,000円58ヶ月746,160円
15,000円47ヶ月694,862円
20,000円32ヶ月629,392円
30,000円20ヶ月578,635円
50,000円11ヶ月545,245円
100,000円6ヶ月523,485円

※返済シミュレーションはプロミス公式HPを使用

月々の返済額を1,000円増やすだけで2万7,000円もの利息を節約できます。さらに、もう1,000円増やすと、5万円弱の利息を節約できるのです。

このように、借入額が大きくなってくると、わずかに返済額を増やすだけでも大幅に利息を節約できますね。

プロミス 50万円

このようにプロミスで50万円借りると一口で言っても返済金額の1つの目安に考えてみてはいかがでしょうか?

お金を借りるならやっぱりプロミス!

消費者金融は確かに銀行カードローンに比べると利息は高くなりますが、実際に金額をチェックしてみると気になるほどではありません。

それならやはり大手消費者金融のプロミスがおすすめです。プロミスは現在では三井住友銀行グループに属しているので信頼度も高いです。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン