今すぐお金を借りたい!即日融資の方法について

お金を借りたい。でも即日でお金を借りることはできるの?その疑問についてわかりやすく説明しています。即日融資を実現する方法にはどのようなものがあるのか手順についても説明しています。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

今すぐお金を借りたい。

こんな時は誰しも焦るものです。

しかし、焦り過ぎると正常な判断ができずに違法な闇金業者などに手を出してしまうケースもあるので、まずは冷静になって安全な金融会社選びを心掛けましょう。

金融ちゃん

たとえ、急いでいる時であっても安心できる「大手のカードローン」を利用する事が一番まもしれないですね。

そこでこの記事では「今すぐお金を借りる方法」を噛み砕いて、できるだけわかりやすく情報をサイト内にて説明しています。「カードローンでお金を借りる以外の方法」も日々、更新しているので参考にしてみてください。

金融君1

あなたがよく目にしたり耳にするカードローンなら「今すぐ」「即日」「今日中」に対応しているところが多いですよ。

今すぐ即日でお金借りたいなら!

今すぐお金を借りたい時に即日でお金を借りる方法としてもっともおすすめの方法は、カードローンの即日融資です。

これは、申し込みをした時間(主に14時まで)によっては、その日にお金が借りられるシステムです。

即日融資は、基本的に大手消費者金融での申し込みが出来ます。

消費者金融カードローン金利融資限度額審査時間
プロミス4.5%~17.8%500万円最短30分
アコム3.0%~18.0%800万円最短30分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円最短30分
アイフル4.5%~18.0%500万円最短30分

申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

お金借りる!即日融資に強い業者一覧

お金借りたい!即日融資に強いカードローン①

アイフル 即日融資も可能【30~40代に人気】
アイフル
審査が不安なら1秒借入診断♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短30分
  • WEB簡潔で誰にもバレずカード受取
  • 初めての人は30日間金利が0円!
  • 即日融資も可能!女性にも人気が高い

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

お金借りたい!即日融資に強いカードローン②

SMBCモビット 即日融資も可能【30~40代向け】
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短即日
  • 全国セブン銀行ATMでスマホアプリ入出金可能!
  • 申し込みから借り入れまでWEB完結
  • 電話連絡・郵送物不要の「Web完結申込」

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

お金借りたい!即日融資に強いカードローン③

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

金融君8

即日融資が可能なカードローンの審査時間は基本的に最短30分で審査が完了するので、契約が銀行の営業時間内に終わっていれば、その日の内に指定口座へ振込してもらえます。

即日融資が可能な大手消費者金融や銀行はそれぞれで名前が違いますが、全国に無人契約機を設置しています。

無人契約機は、ほとんどが365日午前9時から午後10時までの営業時間となっているので、銀行の営業時間外や、土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませ、無人契約機でカードを受け取る方法なら365日即日融資が可能になっています。

お金を借りたい!即日融資の為に用意するもの

本人確認書類

今すぐお金を借りたい時、即日融資の際に申し込みで用意しなければならない本人確認書類が有ります。

審査で必ず必要になるのがこの本人確認書類で、本人書類は申し込み者が本人である事を確認するための書類なので、どこへ申し込むにしてもこの書類だけは用意しておく必要があります。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

また転勤や結婚などで、申し込み書に記入した現在の住所と、運転免許証に記載されている住所が異なる場合は、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

借入希望額によって必要になる書類

消費者金融へ融資を申し込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

収入証明書類が必要になるのは、消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの写しが必要になります。

銀行カードローンの場合は総量規制の制限を受けないので、年収に左右されません。

ですから、銀行カードローンの場合、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように、それぞれの銀行が独自の基準を決めていますが、2017年11月現在、総量規制対象外の過剰貸付問題によって、自主的に消費者金融と同じ基準である総量規制の範囲内の貸付基準とする銀行カードローンが増えてきております。

お金を借りたい!申込みから融資までの流れ

ここからはお金を借りたい人に向けて、申し込みから融資までの流れについて説明していきたいと思います。

お金 借りたい 即日融資

振込融資のメリットは完全にWEBで完結するところです。申込みから審査、契約、振込完了まで一歩も家から出る必要がありません。

そんな出不精のあなたにぴったりな14時期限のWEB完結で振込融資の申込みから融資までの流れを説明します。

WEB完結で振込融資の申込みから融資までの流れ
  1. 14時までにパソコンやスマホからネット申し込み
  2. 必要書類の添付(収入証明書・運転免許証など)
  3. 審査(最短30分)
  4. 契約完了
  5. 15時までに指定の銀行口座へ振り込み

夜間や土日祝でも即日お金を借りたい時は?

銀行の営業時間は、基本的に9時~15時までというのは、何となくご存知だと思います。

金融君1

つまり、カードローンの審査に通過して、ご自身の銀行口座に即日振込んでもらいたい場合、15時がタイムリミットであり、その1時間前の14時までに申込みを済ましておかないといけません。

しかし、14時を過ぎて申込んだとしても、夜間になろうが、土日祝であろうが、即日お金を手にすることは、大手消費者金融の「アイフル」「プロミス」に関しては、充分に射程範囲内なので安心してください。

まず大前提としてアイフルにしても、プロミスにしても、14時以降であっても、土日祝も関係なく申込み審査を受け付けている消費者金融です。

それを踏まえて、土日や夜間に即日キャッシングする方法を説明します。

自動契約機による即日キャッシング

自動契約機による即日キャッシングの場合、まずネットから申込みを済ませます。

次に全国に張り巡らされている自動契約機(無人契約機)や、または店舗まで駆け込み、契約をしてカードを受け取り、隣接しているATM、あるいはコンビニATMなどでキャッシング(出金)する方法です。

アイフルの場合

自動契約機の営業時間は22時までなので、22時まで契約可能ですし、隣接しているATMは24時間営業なのですぐにお金を借りたい人に便利です。

営業時間は、22時まですが、1時間前の21時までには、申込みを済ましておかないとさすがに即日お金を借りることは無理なので注意しましょう。

プロミスの場合

プロミスの自動契約機の営業時間は、22時(一部21時)までなので、22時まで契約できますし、隣接しているATMは24時まで営業しているので、こちらもその場でお金を借りたい人に便利です。

ただ営業時間は、22時までですが、1時間前の21時までには、申込みを完了しないと即日お金を借りることはできません。

なお、プロミスでは、プロミス自動契約機だけでなく、三井住友銀行(SMBC)のローン契約機でもカードの受取が可能です。(ATMの横にある小さなボックスのスペースです)

ちなみにSMBCモビットの「WEB完結申込」は土日は即日融資ができません。

金融君1

その理由は「カード発行がない」からです。カードレスなので、融資は「振り込みだけになります。しかも、WEB完結で振り込み融資に利用できるのは三井住友銀行または三菱UFJ銀行のどちらかに限定されています。

この2行はネットバンキングと違って土日の振り込みサービスは行っていません。

せっかく審査に通っても土日にお金が借りられないので、急ぎの場合はカード発行で、それも郵送ではなくローン申込機での受け取りを選択しましょう。

即日融資でお金を借りるデメリット

即日融資のデメリットとして、借入金額が低めで利息が高くつくことが挙げられます。時間をかけた審査を行わない分貸し倒れのリスクも高まるため、審査や借入にかかる条件が厳しめになるのは仕方がないといえるでしょう。

お金 借りたい 即日キャッシング

手軽に利用できることはメリットでもありますが、気軽にお金を借りて浪費してしまう恐れもあります。金利が高いため、まとまった額を長期間借りてしまうと利息が大きくなって、返済が大変になります。

また、即日融資と銘打っていても必ず申し込んだ日に借りられるとは限りません。

各金融機関が定めている時間までにすべての手続きを行う必要があります。金融機関によってはさまざまな書類を準備しなければならず、当日に融資を受けるのが難しいケースもあります。

お金を借りたいけど即日融資の診査に落ちる人

金融君3

下記の条件に当てはまる場合は審査に通らない可能性があるので注意が必要です。

お金を借りたいけど即日融資の診査に落ちる人の一例

  • 他社から借入をしている
  • 返済を滞納しているまたは過去に滞納したことがある
  • 一度に多数からカードローンの申込みをした

審査で見られる所は他にも年収や雇用形態、勤続年数もありますが、安定した収入があれば問題ありません。しかし上記の条件は金融側にマイナスのイメージを与えてしまい返済能力がないと判断されるので審査に落ちることがあります。

なぜ滞納状況などがわかるかというと金融機関側は審査の時に信用情報機関に登録されている情報を参考にしています。

申込書に嘘を書こうが全てお見通しで、信用情報機関では、借入した日や滞納情報、債務整理した詳細などが保管されています。3ヶ月~数年間、登録されていてあまりに多い場合は審査に通りません。

金融君1

もし自分の情報が見たい場合はCICかJICCのホームページから開示することができます。

消費者金融と銀行の借入の違い

消費者金融と銀行の借入については総量規制も違いの1つですが、大きな違いとしては借りる目的です。

お金 借りたい 即日 銀行

明確な定義はないですが、消費者金融は少額のキャッシング、銀行は大きな金額を借りるときに利用する方が多いです。

もし、消費者金融と銀行のどちらを利用しようか迷っている方は、借りる金額で判断しても良いかもしれません。

  • 消費者金融は、30日間無利息期間がありますが、金利が高い
  • 銀行は金利が低いので、長期の借入に有効

こうした違いに目を向けると、わかりやすいのではないのでしょうか。

ただ残念なことに近年、銀行カードローンからの貸付額が急増していることから新規で銀行から即日お金を借りるのが難しくなりつつあるのが現状です。

銀行の即日融資は禁止に。そんな時お金借りる解決策はコレ!

銀行で即日融資が禁止なら、お金借りる時どうしたらいいの!?とお考えの人は、ズバリ!金融庁の指導をしっかりと受けている銀行系グループのカードローンが良いでしょう。

銀行系グループのカードローンでしたら、その名の通り、銀行系ですので安心感が違いますし、大手で運用実績も豊富なのが特徴です。

銀行系グループのカードローンなら即日融資の手段も多く、即日融資で借りれるくらいの借入額なら利息もそれ程変わりません。早めに返済すれば無利息サービスのある大手消費者金融なら低金利な銀行よりも少ない利息で済む場合もありますから安心です。

銀行系大手消費者金融が選ばれる理由
  • スピード重視で即日融資に対応しているため今すぐにお金を借りる事が出来る
  • 大手の銀行系カードローンなので安心感がある
  • 消費者金融の中でも低金利で借りれる
  • 銀行カードローンよりも審査に余裕がある
  • インターネットで24時間365日申込可能
  • 来店不要で誰にも会わずにお金借りれる
  • 無利息期間がある

※会社によって対応していないサービスもあります

お金を借りたい!即日融資を実現する方法

金融君1

ここからはお金を借りたい時に即日に対応しているサービスを活用して即金を手にするためのポイントを4つにまとめていますのでチェックしてみてください。

お金 借りたい 即日 審査通らない

銀行カードローンより消費者金融を選ぶ

即日に対応した銀行カードローンもありますが、基本的には、消費者金融の方がスピーディーに審査が進行し、即金を手にする成功率は高いです。とにかく急いでいる方は、消費者金融を選択してお金を借りましょう。

午前中にネットで申込む

ご自身の口座に振込融資して欲しい方は、午前中に審査申込をすることが基本です。

最短30分で審査回答があり審査を通過したとしても、銀行の営業時間外になるとどうしても翌日着金になってしまいます。午前中に申し込みがベストですが、最悪14時までに申し込みましょう。

自動契約機(無人契約機)を利用する

午前中を過ぎて、14時も回ってしまったという状況の方も大丈夫です。

まずネットで申し込みを済ませて、最寄りの自動契約機に駆け込んでカードを受取り、併設されているATMでキャッシングする方法です。

無人契約機がある金融機関

金融機関無人契約機営業時間土日祝日
アイフルてまいらず21:45
プロミスプロミスATM9:00~22:00(※一部21時もあります)
アコム自動契約機(むじんくん)22:00

上記の表で掲載した金融機関は無人契約機があるので、14:00のタイムリミットも関係なく即日融資が可能になります。

50万円以下の限度額で申込む

消費者金融は、50万円以下の借り入れなら収入証明不要です。つまり、必要書類は免許書のみ

多額の限度額で申込むと審査に通過しないリスクも高まります。まずは50万円以内でしっかりと即金を手にする作戦が得策です。

お金を借りたい!即日で借りた後の金利は?

お金を借りたい時に即日で借りた後の金利はいくらぐらいかかるのかこちらで見ていきましょう。

今すぐお金借りたい 無職

カードローンでお金を借りる際には、あらかじめ定められた実質年率(年利、金利)を元に計算した利息の支払いが発生します。

銀行カードローンは低金利で金利安いといわれており、消費者金融カードローンは銀行カードローンと比べると金利が高いけれど融資スピードが速く、即日融資に強いので当日借入などに適しています。

実際に借りたお金に対する利息しかかからないので、必要な金額だけ借入するといった具合にじょうずに使えば無駄なくお得に利用できます。

支払い利息や金利の返済はいくら?

利息は日割計算で、返済日に関わらずお客様の都合の良い時に一部繰上返済や全額返済などが気軽にできるので、早めに返済すればその分だけ支払い利息も減ります。

利息の計算方法

利用金額×借入利率÷365日×利用日数=支払利息

※うるう年の場合は366日で計算します
※利息は日数計算方式なので、利用日数分にだけ利息がかかります。
※借入れの当日は利用日数に含まれず、1円未満は切捨てとなります

会社名1万円借りたときの1ヶ月の金利金利
プロミス1463円 / 17.8%4.5% ~ 17.8%
アコム1479円 / 18.0%3.0% ~ 18.0%
アイフル1479円 / 18.0%3.0% ~ 18.0%
SMBCモビット1479円 / 18.0%3.0%~18.0%
オリックス銀行カードローン1463円 / 17.8%1.7% ~ 17.8%
じぶん銀行1438円 / 17.5%2.2% ~ 17.5%
イオン銀行カードローン1134円 / 13.8%3.8% ~ 13.8%
イオン銀行イオンアシストプラン1109円 / 13.5%3.8% ~ 13.5%
三井住友銀行1191円 / 14.5%4.0% ~ 14.5%
三菱UFJ銀行1200円 / 14.6%1.8% ~ 14.6%

初めてなら最大30日間無利息期間キャンペーン実施中

大手銀行系消費者金融では、初めてサービスを利用する方を対象に、WEB明細利用やメールアドレスの登録など一定条件を満たせば「最大30日間無利息キャンペーン」を行っている会社があります。

少しでも金利負担を減らしたい方、利息を少なくしたい方などは是非チェックしてください。 こちらは初めてご利用の方限定の初回サービスとなるので、金利を少しでも抑えたい方は逃さずしっかり利用しましょう。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

こちらの記事も読まれています

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】