お金借りるならどこがいいのか状況・属性別の借入先を詳しく解説しています。パートやアルバイトがお金借りるならどこがいいか、無職や失業者がお金借りるならどこがいいかなどもこちらで記載しています。

お金借りるならどこがいいの?

給料日前などに急遽お金が必要になった時に「どうにかしてお金借りることができたら」と悩んだ経験はありませんか?

友人や家族に借りるという方法もありますが、お金借りるとなると、お願いしづらいこともあるのではないでしょうか。

そんな時に頼りになるのが、キャッシングやカードローンです。

テレビCMでも見かけることがあるので、真っ先に連想する人も多いのではないでしょうか。

金融ちゃん

でもキャッシングやカードローンの経験がない人は、いざ利用するとなると色々と不安が尽きないですよね。お金を借りるならどこがおすすめなのか教えてほしいです。
金融君1

そこで今回は、これから初めてのキャッシングを利用する人に役立つ、キャッシングやカードローン選びのコツをご紹介したいと思います。

すぐにお金借りるなら銀行カードローン?消費者金融?

すぐにお金借りるなら 銀行カードローン 消費者金融

お金が必要になる場面は急に訪れるもの。出来れは明日、いえ今日中にお金を借りたいという切羽詰った場合は、「即日融資が可能」という業者を選びましょう。

即日融資というのは、申し込んだその日のうちにお金を借りることができるというものです。

キャッシングをサービスを提供している業者や機関は大きく分けて、アコム・プロミス・アイフルなどの消費者金融業者と、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行などの銀行系カードローンに分かれます。

双方それぞれにメリットが異なり、利用者の用途や属性、借入れ額によって選択をするのがベターです。

消費者金融のメリット
消費者金融は銀行系カードローンではサービスを提供していない無利息期間のサービスやweb完結のサービスが充実しており、また銀行と比較すると審査基準もやや低くなっており、即日融資にも対応していることがメリットです。
銀行のメリット
一方、銀行は消費者金融と比較をすると上限金利がかなり低くなるため、長期的な返済が必要な融資額の場合は、圧倒的に消費者金融よりも利息を少なくして返済ができるのが一番のメリットとなります。

急ぎでお金を借りるなら銀行カードローンは不向き

以前までは消費者金融と同様、即日融資に対応していたのですが、2017年の中旬から即日融資のサービスを停止し始める銀行が増え、2018年1月からキャッシングサービスを提供している全ての都市銀行で完全に即日融資が停止となってしまいました。

銀行の即日融資停止に至った背景として、この2つが大きな理由となっています。

  • 多重債務者の増加・返済不可能な利用者の増加
  • 反社会的組織への融資

各銀行で融資を受けるまでの時間に多少の差はありますが、申込み~審査~融資までで大体どの銀行も3日前後掛かり、審査が長引くと2週間程度になることも予想されます。

長期返済を考えている場合は低金利の銀行をおすすめしますが、即日融資は消費者金融にしか存在しないサービスですので、少額だけれどもすぐにお金が必要な場合は消費者金融を選択する方がよいでしょう。

誰にも知られずにお金を借りるなら?

お金借りるなら 誰にも知られずに

自分がお金を借りる立場になると、なんとなく「借金は悪いこと」というイメージが頭の中から離れない人も多いかと思います。

お金を借りることは悪いことではありませんし、毎月しっかり返済できる能力があれば、普段の生活に支障もでません。

それでもやはり、お金にだらしがないと思われそう、という声は少なくありません。

誰にもバレずにお金借りるなら銀行カードローン?消費者金融?

誰にもバレずにお金を借りるならどこがいいのか、気になる人もいるでしょう

誰にもバレずに借りたい場合におすすめするSMBCモビットもスマホやパソコンだけで完結するWEB完結が一番の魅力。

WEB完結なら会社への本人確認の電話や、書類・カードの郵送なども全部なし。こちらも家族や会社にばれる要素がありません。またSMBCモビットでは即日融資も可能です。

(※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。)

金融君1

ただし、SMBCモビットでWEB完結を利用するには条件があります。
  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行の銀行口座を持っていること
  • 社会保険証(国民健康保険証はダメ)があること

両方を満たしていないとWEB完結は利用できませんが、キャッシングカードをなしにした場合、融資は振込キャッシング。

平日9:00~14:50までに審査に通って契約出来た場合は3分で自分の銀行口座に振り込んでくれます。

金融ちゃん

WEB完結の条件を満たす場合はSMBCモビットがおすすめということですね。

次に、無人契約機(でんわBOX)まで行ってカードや契約書を受け取ることが問題なければ、アイフルもオススメ。

金融君8

アイフルはWEB完結こそできません(申込みの確認があります)が、書類で在籍確認には対応していて、会社バレの可能性はありません。

無人契約機は8:00~22:00まで営業。

急ぎでお金を借りたい時にも使いやすいという特徴があります。

また、1,000円単位で借りられるため、少額の借入を希望している場合にもピッタリ。近くにアイフルの無人契約機があるなら、オススメできる1社です。

お金借りるなら低金利がいい!おすすめはどこの金融機関?

お金借りるなら 低金利

親や友達ならまだしも、銀行や消費者金融からお金を借りるなら、必ず金利が発生します。

借りた金額によって金利も決まってきますが、できるだけ金利が低いほうが月々の支払いが楽になるのはご存知の通り。

少しでも金利が低いところからお金を借りるならどこがいいのか、その後の生活にも影響があるのでじっくり見極めていきましょう。

低金利でお金借りるならどこがおすすめ?

一般的に低金利でお金借りるなら銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利が低いです。

金融君1

銀行カードローンと一括りで説明しても色々なカードローンがあるので、分かり易く下記表に分類してみました。

メガバンクカードローン

銀行金利限度額
みずほ銀行年3.0%~14.0%最高1,000万円
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%最高500万円
三井住友銀行年4.0%~14.0%最高800万円

ネットバンクカードローン

銀行金利限度額
住信SBIネット銀行0.99%~14.79%最高1,200万円
楽天銀行1.9%~14.5%最高800万円
ソニー銀行2.5%~13.8%最高800万円
オリックス銀行1.7%~17.8%最高800万円

地方銀行カードローン

銀行金利限度額
静岡銀行4.0%~14.5%最高500万円
横浜銀行1.9%~14.6%最高1,000万円
福岡銀行3.0%~14.5%最高1,000万円

なお、「低金利ローン」とは「上限金利が低いローン」のことです。

電車の中吊り広告などで「2.0%~18.0%」のように、幅を設けて金利を表示している広告を見かけたことはありませんか?

このような金利に幅のあるローンの場合、あなたに何%の利率が適用されるかは審査を受けてみないとわかりません。

金融君1

そのため、基本的に「上限金利(高い方の金利)が適用される」と思って、上限金利の低いカードローンを選ぶことをおすすめします。

また、消費者金融の場合は銀行のカードローンと比べると金利は少々高く設定されているものの、アコムやプロミス、アイフルなどでは条件を満たせば一定期間無利息でお金を借りることができます。

無利息でお金を借りる条件は基本「その消費者金融の利用が初めてであり、30日以内の借り入れ」などになっていますが、無利息に関して詳細を確認したい場合は、各会社に問い合わせることで丁寧に説明してもらえるので、不安な方は遠慮せず問い合わせてみることをおすすめします。

パートやアルバイトがお金借りるなら審査はどこがしてもらえる?

お金借りるなら アルバイトの場合

パートやアルバイトでも、毎月しっかりお給料が振り込まれていればお金を借りることは可能です。

金融ちゃん

ですが、ここで気になるのは、パートやアルバイトがお金を借りるならどこがいいのか、という点ですよね?

アルバイトでもキャッシング可能なところはたくさんありますが、ただし借りるために満たす必要のある条件があります。

その1つが「安定した収入がある」ということ。

金融君1

ただ、難しいことはなく、アルバイトやパートで安定した収入があるのならOKです。ただし、これが日雇いなどで収入が不安定になると、厳しい審査となるので覚悟しておいてください。

審査で「安定収入」と見なしてもらうために満たすべき条件とは

カードローン審査の際には在籍確認ができるかどうかが必要条件です。

よって、いくら信用情報に問題がない人でも勤務先がないために在籍確認ができない場合には審査に通過することはできません。

逆に、信用情報に問題さえなければ、勤続年数が短くても在籍確認ができれば消費者金融での審査には通過できる可能性は高くなります。

バイトやパートがお金借りるならキャッシングの限度額はいくら?

利用限度額は、カードローンの審査の際に年収や信用状態によって決定し、利用を開始した後でも、収入の増減や信用状態により引き上げられたり引き下げられたりします。

お金を借りる3

また、利用限度額の範囲内でも、総量規制により年収の3分の1を超える借入はできません。

利用限度額の例

アルバイトの立場学生主婦その他
月収4万円~5万円7万円~8万円15万円~20万円
年収約60万円約90万円約210万円
借り入れ可能額約20万円約30万円約70万円

無職や失業者がお金借りるなら?

お金借りるなら 無職 失業者

失業中で収入がない人も、どうにかして生活資金を確保しないといけません。

失業給付を受けられる人や、親戚から援助してもらえる人はいいですが、雇用保険に加入していなかったので失業給付がもらえなかったり、頼める親戚がいない人もいるでしょう。

金融ちゃん

そんな人は、どこからお金借りるならどうしたらいいのでしょうか。
金融君1

ひとつの方法として公的機関からお金借りるという方法があります。

無職がお金借りるなら公的機関に相談を

公的機関からお金を借りるときのメリットは、なんといっても低金利で借りることができるという点です。

中には無利子で借りることができる制度もあります。

生活福祉資金貸付制度というものであれば、低所得者世帯であることが条件になりますが、年1.5%の金利で融資が受けられます。保証人をつけた場合は無利子で利用が可能です。

公的機関の融資には、通常のカードローンやキャッシングと違い、貸付条件に

  • 安定した収入があること
  • 返済可能かどうか

という点は設けていません。

公的機関が見極めるのは、本当に生活に困った状況になっているかどうか、という点です。

金融君1

日常生活を送るのが厳しい状況なら、融資が可能になるというシステムです。もし、今現在生活に困窮している状態でお金を借りるなら、公的機関に相談してみることをおすすめします。

そんな公的機関からの融資ですが、各市町村が管轄しているものなので、少々手続きが面倒です。

当然ですが即日融資は難しく、平均的に1~2週間は時間がかかるので、今すぐ今日、明日お金を借りたいという場合は難しいかもしれません。

生命保険の契約者貸付を利用する手もあり

また、今、生命保険に加入しているなら、それを担保にお金を借りることができます。

契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度というのは、契約している保険会社からお金を借りる制度を言います。

解約返戻金の範囲内ならお金を借りることができるというもので、あくまでも平均ですが、生命保険の解約返戻金は80~90%となっています。

保険を解約しないでお金を準備できるので、メリットが大きいといえます。

また低金利なところも魅力のひとつで、一番高くても5~6%の金利となっています。改めて申し込む必要もありませんし、審査もありませんし、いつまで返済しなければいけないという期限も設けていません。

なぜこんなに自由なのかと言えば、本来生命保険を解約した時に戻ってくるお金を担保にしているからです。

もし支払いが滞ったら生命保険は解約され、解約返戻金がなくなるだけ。

金融ちゃん

コツコツ積み立てていた保険を解約するのは嫌だけど、一時的にお金を借りたいという場合なら積極的に活用していきたい制度だと思いますね。
金融君1

ただしデメリットとして契約している保険会社によって内容が様々であること、また、借りたお金と利息分が解約返戻金を超えた場合、保険が契約失効となるので注意しましよう。

ブラックがお金借りるならどこが良い?

ブラックがお金借りるなら

事故経験、延滞やブラック、債務整理中や債務整理経験があると(個人再生・任意整理・特定調停・自己破産など)銀行カードローンや大手消費者金融の審査に通らない事が多いです。

ですので、金融事故を起こしているブラック認定の人は、大手銀行カードローンや消費者金融ではなく、中小の消費者金融(街金)をおすすめします。

デメリットとして、大手の消費者金融業者の金利が年18.0%なら中小の消費者金融業者は年18.0%~20.0%の金利となっていること。

銀行カードローンの金利と比べるとやはり僅かながら高くなってしまうことにあります。

ブラックにも貸し出す=多少リスクを冒して中小消費者金融も契約するのですから、できることなら少しでも高い金利で貸したいと思うのは仕方がないのかもしれません。

街金と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、金融庁公式サイトではちゃんと登録された貸金業者が確認でき、住所から近くの街金を探すことが可能です。

金融君1

ただし、注意点として中小消費者金融だからといって審査が甘いというわけではないのと、金融庁公式サイトに登録されていない業者は闇金ですので絶対に利用してはいけません。

お金借りるならヤミ金や個人間融資・極甘審査ファイナンスには注意

お金に困っているとき、とくに注意したいのが闇金(ヤミ金)です。

闇金とは、金融庁に届け出をしていない違法業者のことを言います。

「審査なし」「ブラックリストでも融資OK」「極甘審査ファイナンス」など、魅力的な条件を打ち出しているのは、ほぼヤミ金業者と思って間違いありません。

また、最近ではちゃんとした貸金業者を装いながら、多重債務者やブラックリストの人に法外な金利でお金を融資する「ソフトヤミ金」も増えているので、十分に注意してください。

闇金のデメリットとはたくさんありますが、一番はとにかく金利が高いということ。「違反じゃないか」と訴えたところで対応してくれません。

金融君1

闇金に手を出すくらいならば、債務整理や自己破産も視野に入れて、借金問題に詳しい弁護士などに相談をしてみましょう。

お金借りるならどこが良い?状況別対策法(まとめ)

お金借りるならどこが良いか まとめ

お金借りるなら、まずは何にお金を使うのかを明確にして、それに応じた手段を選択しましょう。

  • 貯金が少なくなってきたから
  • なんとなく心配だから

のような理由でお金を借りていては、すぐに返済地獄に陥るからです。 お金が調達する目的は、以下のどれでしょうか?

  • 生活費
  • 出費に備えたお金(買い物、冠婚葬祭など)
  • 学費(教育資金)
  • 医療費
  • 住宅・自動車の購入
  • 事業資金

「学費」「医療費」「住宅・自動車の購入」「事業資金」に関しては、銀行カードローンなどの金融機関が扱っている目的ローンを利用すれば良いでしょう。

金融ちゃん

ですが、問題なのは「生活費」「出費に備えたお金」ですよね。

個人的な生活費や出費のためにお金を貸してくれる金融機関はほとんどない為、上記の状況に当てはめ、限られた手段をうまく利用していきましょう。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】