即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

借金をまとめる方法についてわかりやすく説明しています。消費者金融は金利が高いため、銀行カードローンでまとめるときほどの金利節約は見込めませんが、それでも高額借入によって金利を抑えることはできます。

借金をまとめる方法4選【複数のカードローンを一本化】

複数の消費者金融から借りた借金をまとめる方法

複数の金融機関からキャッシングやカードローンで借金している状態で、毎月の返済が大変という人や返済日が違うから返すのが面倒になっている人も多いと思います。

これは消費者金融でも銀行カードローンでも同じです。

金融君1

そこで今回は、複数の借金をまとめる方法について説明していきたいと思います。

借り入れが多いと住宅ローンや自動車ローンなどにも影響する可能性があります。

個人信用情報としても、複数社から借りている多重債務の状態よりも1社から高額な借り入れがある人の方がその人の信用度は高くなると言われているので、債務整理を考える前に、おまとめローンや借り換えローンが利用できる人は積極的に使っていきましょう。

4つの借金をまとめる方法

まず、「借金をまとめる方法」というと大半は「おまとめローン」のことを指します。

金融君1

しかしそれ以外にも「高額カードローン」「有担保・無担保ローン」「ビジネスローン」などもありますので、以下で解説していきましょう。

借金をまとめる方法①おまとめローン

借金をまとめるというのは、複数社からの借金を1社からの借金に減らすということです。

例えば現在A社、B社、C社の3社から行っている借金を、別のD社(あるいはA,B,C社のどれか)からの借金で全額返済してしまえば、残る借金はD社からの物だけとなりますよね。

元々3社あった借金が1社だけになるため、この複数の借金を1つの借金をまとめる方法「おまとめローン」と呼びます。

金融君1

借金をまとめる方法としては、主に以下の三種類があります。
  1. カードローンでまとめる
  2. フリーローンを利用してまとめる
  3. おまとめ専用ローンを利用する

カードローンやフリーローンは使い道が自由な借金なので、他社からの借金返済に利用することができます。

また、それ以外におまとめ専用のローンを利用するという方法もあります。

金融機関(消費者金融業者を含む)の中には、おまとめ目的専用のローン商品を提供しているところもあるのです。

銀行がおまとめローンを推す理由

金融君1

おまとめローンは様々な会社が提案していますが、中でも消費者金融系は金利が高いです。

それに比べて、銀行系は良心的な金利で融資してくれるところが多いのが特徴。

また、銀行系やマンモスローンなどのおまとめローンであれば総量規制(借入残高が年収の3分の1を超える場合、貸金業者は、原則として、利用者に対して新たな貸付をすることができなくなるというもの)の問題もありません。

借金をまとめる方法②高額カードローン

こちらもおまとめローンとほとんど概要は同じです。

例えば25万円のカードローンを4つ持っているならば、100万円のカードローンを作り、それを用いて借金を1つにまとめてから返済をします。

返済日や返済方法が一本化されるので返済のやりくりが楽になる上に返済忘れの防止にもなりますが、上記のおまとめローンのほうが一般的です。

借金をまとめる方法③有担保・無担保ローン

有担保ローンは、土地や預金、証券などを担保に融資を受けることになりますが、たとえば土地を担保に入れるにも費用が掛かるので、申し込むのであればその辺りもきちんと検討しないといけません。

無担保ローン担保なしでお金を借りることができるローン商品を指します。

親族や知人から借りる場合にも無担保であることがほとんどかと思いますが、これは無担保であるかわりに人間関係に亀裂が入るリスクがあるのでおすすめは出来ません。

借金をまとめる方法④ビジネスローン

ビジネスローン(事業者ローン)とは、事業者を対象とした金融商品のことを指します。

総量規制の対象外なので借り入れをまとめる役割も果たせそうですが、そもそもが事業資金としての貸し付けを前提としているので事業計画書や決算書の準備が必要です。

借金をまとめるメリット・デメリット

借金をまとめるメリットとは

そもそも借金をおまとめするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

金融君1

借り換えローンやおまとめローンで借金を一本化すると、以下のような効果を期待することができます。

金利を下げる

一番のメリットは金利の低下が期待できるということです。

借金は金額が大きいほど金利が低くなりやすいため、4社から50万円ずつ借りるよりも1社から200万円を借りたほうが低金利で借入する可能性が高まります。

というのもキャッシング会社の金利は契約額(限度額)に応じて金利が決められるため、1社からの借入が多くなると、それだけ金利は下がる仕組みになっているのです。

利息制限法で定められた上限金利
元金金利
10万円未満年20%まで
10~100万円未満年18%まで
100万円以上年15%まで

ここでおまとめローンの一番のメリットである「金利を安くする」という事が可能となります(借り入れている金額によります)。

当然、金利が低くなると利息も減らせる可能性があります。

金融君1

例えば、100万円を6ヵ月借りた場合、金利が18.0%と14.5%で計算をしてみると。
  • 100,000円×18.0%÷365日×180日=88,767円
  • 100,000円×14.5%÷365日×180日=71,506円

金利が3.5%違うだけで利息は17,261円も違います。

同じ金額を借りていたのに利息にこれだけ差ができるのは嬉しいですね。

毎月の返済額を減らす

おまとめによって毎月の返済額を抑えることもできます。

金額が四倍になったからと言って毎月の返済額も4倍になるわけではありません。

なので、毎月の返済額が各社1万円ずつの場合はおまとめによって毎月の返済額を2万円や3万円に減らすことが期待できるのです。

返済を管理しやすくなる

借金が複数あると、それぞれ返済日が異なりますし、どこからいくら借りていて残りの支払金額がいくらなのかをそれぞれ管理しなければなりません。

これでは精神的に大変ですし、うっかり返済を忘れてしまうということもありえますよね。

その点、借金を一つにまとめておけば返済計画も立てやすく払い忘れの心配も減らすことができます。

借り換えローンやおまとめローンを利用するメリットはこういった点にあると言えるでしょう。

借金をまとめる方法のデメリット

金融君1

金利が安くなる、複数の返済日に追われずに済む、ブラックにならないなどのメリットはありますが、反面以下のようなリスクもあります。 おまとめローンの良い面も悪い面も考慮した上で検討しましょう。

支払い期間が長くなる

借金を一つにまとめるということは、それだけ支払い期間が長くなるということです。

先ほど「毎月の返済額を少なくできる」「金利も下げられる」と書きましたが、毎月の返済額を少なくなると、それだけ返済期間は長くなります。

つまり、トータルで支払う金額が増える可能性もあります。(金利が下がったとしても支払う金額は増える可能性があるということ)

例えば、100万円借りている人が「金利(18.0%)で返済期間が半年(180日)の場合」「金利(14.5%)で返済期間が1年(365)の場合」で利息を計算してみると、

  • 1,000,000円×18.0%÷365日×180日=88,767円
  • 1,000,000円×14.5%÷365日×365日=145,000円(-56,233円)

このように毎月の返済額が減り、金利が下がったとしても、その分、返済期間が延びてしまうとトータル的には損をする可能性もあります。

ですので、おまとめローンを使って毎月の返済額を減らせられる場合でも、できる限り早めに返済することが大事なポイントと言えます。

返済総額のシミュレーションも事前に行っておくようにしましょう。

借金がなくなるわけではない

当たり前のことですが、複数あった返済先を一つにまとめだけになるので、まとめる=借金完済にはなりません。

まとめたことで借金が減ったと勘違いしてしまい、新たな消費者金融で借り入れを行ってしまう人もいるので注意が必要です。

おまとめローンを利用したという情報は共有される

ブラックにはならずとも、金融機関では「返済に困っておまとめローンを利用した」という情報は残ります。

これにより、おまとめローン後の新規借り入れが困難になる可能性があります。

金融君3

また、これだけでなく中にはおまとめローンを謳う詐欺業者なども存在します。

上手い話しには裏があるとはよく言いますが、このような詐欺の被害に遭うリスクが付随してくるのも、おまとめローンのデメリットかもしれません。

きちんと信頼のおける金融機関で借入することが大事というわけですね!

審査が厳しい

おまとめローンを行う際にも通常のキャッシング同様に、審査があり、当然金利が安いところほど審査が厳しくなります。

特に銀行系は低金利で審査が厳しいことで有名で、3~5社以上の借り入れがあると審査に通りにくくなると言われています。

銀行側とすれば既に5社借りていた人が、6社目(プラスもう1社目)として借りたいと申し込んできているわけですから、銀行としても貸し倒れする危険が高いと判断して、審査に落とす可能性はとても高くなるのです。

つまり、色んな会社から借金をしている人が、追加借入もできて、 都合よく借金を一本化するのは難しいということですね。

最終手段は消費者金融のおまとめローン

おまとめを行うのに最適なのは低金利の銀行ですが、審査が厳しく、おまとめということは金額が高額なため、審査にも通りづらくなります。

もし銀行でのおまとめ審査に通らないときには消費者金融を利用することも検討してみましょう。

おまとめローン専用の商品を用意しているところもありますし、カードローンでのおまとめでも、限度額が高ければ通常より低金利で借入できるようになります。

金融君1

もしメイン取引をしている銀行や信用金庫で融資審査が通らなかったら、消費者金融の借り換えローンを利用することも一つの方法です。

カードローンを利用してまとめてもいいですし、消費者金融にも専用のおまとめローンを利用できる業者があります。

消費者金融は金利が高いため、銀行カードローンでまとめるときほどの金利節約は見込めませんが、それでも高額借入によって金利を抑えることはできると思います。

借金をまとめる方法が向いている人

現在の借金の金利を下げたい人

金融君1

前述した通り、今現在の借り入れ先よりも低い金利で借り入れ一つにまとめることが出来ます。

トータルで見ると支払い額は増える可能性があり、負担は軽くなっても得をするとは限らないのが借金一本化の特徴ですが、とにかく今現在の金利を少しでも下げたいという人は有効な手段です。

返済状況を整理したい人

返済先が一つだけなので、月にいくら支払ったということが明確になり、整理もしやすくなります。

返済状況がわかることで生活面においての支出や収入もしっかりと管理することが出来ます。

月々の返済額を小さくしたい人

支払いにかかる期間は長くなりますが、月の返済額はその分少額になるので、現在複数の借り入れ先への返済に追われ家計を圧迫してしまっている人にとってはオススメです。

収入が安定している人

あくまでも"借り入れ先を一つにまとめて長期的に返済していく方法"になるので、安定した収入があることが前提条件になります。

この、返済のメドが立っている・立っていないはとても重要で、収入が安定せず生きていく上で月々数万円の返済も厳しいという人は、債務整理を推奨します。

借金をまとめる方法4選(まとめ)

借金をまとめる方法のデメリットも挙げてきましたが、やはり今まで複数の業者に借りていた借金を一つの業者にまとめることで得られるメリットは思っている以上に大きいです。

これ以上、他社からお金を借りたとしても、完済までの道のりは遠のくばかり。

だったら債務整理を考える前に、まずは一つの業者に絞ってコツコツと返済していく、これが一番確実で無駄のない借金返済法だと思います。

結局はそれが1社であろうと、複数であろうと「借りたお金は返さなければならない」ということですね。

2社や3社の返済日にビクビクするより、一つの業者の返済に時間はかかっても無理のない返済をコツコツと続けていった方が、精神的にもラクですし、これから未来の人生設計も描けるのではないでしょうか。

借金をまとめて、無理のない返済を続けていけば、債務整理をせずとも人生の再スタートも十分可能だと思います。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】