低金利のキャッシングを利用すべき理由とは?

低金利でのキャッシングについて。金利とはキャッシングする際に必ずつくもの。キャッシング会社の中には一定期間無利息というサービスもありますが基本的に低金利でも最初から金利がつきます。どうせなら低金利でのキャッシングを心がけましょう。

低金利キャッシングを活用して返済額を抑えよう

あなたはお金を借りたいと思った時、どんな点を重視してキャッシング会社を選びますか?

名前も聞いたことがあり馴染みがある、貸付の条件が良いなど様々な点があると思いますがここでおすすめしたい点は低金利キャッシングについてです。

カードローン

お金の金利はキャッシング会社によって設定がバラバラ。高く設定しているところもあれば、低金利のキャッシング会社もありますし条件によっても変わってきます。

金利ってそんなに借入に関係あるの?

と疑問に思う人も多いと思うのでこれから低金利、高金利について詳しく説明していきましょう。

今後キャッシングする際の参考にもなるので、ぜひ見てみてくださいね。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

低金利・高金利のキャッシングについての基本

キャッシングするには基本的に金利は最初から必ずつくものと思っておいてください。 金融機関からお金を借りる際についてくる金利は、簡単に言えばレンタル料のようなものです。

借りることで発生するお金ですね
このレンタル料を金額に計算し直すものが金利と言います

お金を借りる

金利は%で表示されているので、これを計算式に当てはめて、年間どれくらいのレンタル料がキャッシング会社から発生するかを知ることができるのです。

低金利を狙うならチェック

金利とはキャッシングする際に必ずつくもの

金利は基本的に年率です。

つまり計算式で出された金利は、月々ついてくる金額ではなく年間でかかる金額ということ

この計算に必要なのは、借りている金額・金利です。

低金利?高金利?キャッシングを計算してみると全然違う!

通常、その業者を初めて利用する場合、いきなり最高額の限度額が与信されることはありません。

まずは少額の融資から始まり、利用状況を見ながら随時限度額が上がっていくというケースが多いのです。

初めての場合には提示されている最高金利程度が適用されると思っておいた方が良いということですね!

例えば、単純に金利だけで比較する際

  • A社「実質年率4%~18%」
  • B社「実質年率6%~15%」

となっていると、つい最低金利の低いA社に目が行ってしまいますが、実際に適用されるのは最高金利なのでB社の方が低かったということになるのです。

100万円で18%となると、一年で利息は18万円にもなります。ですが14%の場合は14万で済むのですのでこうしてみると大きな違いであることがわかると思います。

キャッシングを検討する際は低金利の方が返済の負担も軽くなります。返す金額が少なければ少ないほど返済も早めに終わるので、低金利の大切さがおわかりいただけたと思います。

審査が不安ならチェック

低金利でキャッシングできる会社はどこ?

まず、注目したいのが「金利0円」のサービスです。現在ではグレーゾーン金利が撤廃されたこともあり、各キャッシング業者とも金利面では大きな違いが少なくなっている状況です。

無利息キャッシング

そこで他社との差別化のために「無利息キャンペーン」や「無利息期間」を設けている業者が増えているのです。

初めてご利用の方などの条件に合う方ならば、一定期間無利息で利用できるので、これ以上金利の低いキャッシングはないでしょう。

主な無利息サービス

ノーローン
1週間以内の利用であれば無利息が何度でも利用できるという画期的なキャッシングで人気の商品です。「無利息ローン」ブームの火付け役といったところですね。

アコム
アコムの利用が初めての方ならば、30日間「金利0円」で利用することができます。以前はキャンペーンとして随時開催されていましたが、現在は常設のサービスとなっています。

プロミス
プロミスの利用が初めての方は、30日間無利息で利用することができます。メアド登録とweb明細の利用が条件となります。

レイク
初めてご利用の方は、2種類の無利息サービスから選ぶことができます。

キャッシング会社比較

消費者金融無利息期間金利借入可能額
プロミス30日4.5~17.8%1000円~500万円
アコム30日3.0~18.0%1万円~800万円
アイフル30日3.0~18.0%1000円~500万円
SMBCモビットなし3.0~18.0%1万円~800万円
ノーローン1週間4.9~18.0%1万円~300万円

※2017年4月現在

そう考えると短期の借入であれば無利息サービスを利用しないと損ですね!
無利息を狙うならチェック

低金利でキャッシング出来るのは銀行?消費者金融?

具体的に各業者ごとの金利を一覧で比較してみましょう。キャッシングを選ぶ材料は低金利だけではありませんが、重要なポイントとなるでしょう。

銀行の金利について

お金を借りる銀行の金利は上記で述べたように、低金利で設定されています。

ほとんどの銀行が4%~14%という金利を設定しています。

しかし中には3%のところもあったりしますので、この場合は高額の借入になればなるほど低金利になります。

消費者金融の金利について

お金を借りる

消費者金融は銀行に比べるとやはり高めの金利となっています。

大体の会社は4%~18%となっています。

 

全国からの申込に対応している消費者金融と銀行カードローンの「上限金利」「下限金利」「借入限度額」の3項目を表にまとめました。

上項目で説明したように、上限金利を見比べてみてください。

都市銀行のカードローンの金利比較表

銀行名・商品名下限金利上限金利借入限度額
みずほ銀行カードローン2.0%14.0%10万円~800万円
三井住友銀行カードローン4.0%14.5%10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%14.6%10万円~500万円
りそなプレミアムカードローン3.5%12.475%10万円~800万円
新生銀行スマートカードローンプラス4.5%14.8%1万円~500万円

 

ネットバンクのカードローンの金利比較表

銀行名・商品名下限金利上限金利借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%14.5%10万円~800万円
オリックス銀行カードローン1.7%17.8%10万円~800万円
イオン銀行カードローン3.8%13.8%10万円~800万円
じぶん銀行カードローン2.2%17.5%10万円~800万円
セブン銀行カードローン14%15%10万円~100万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング2.5%18.0%10万円~1,000万円
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」0.99%14.79%10万円~1,200万円
ソニー銀行カードローン2.5%13.8%10万円~800万円

 

消費者金融のカードローンの金利比較表

業者名下限金利上限金利借入限度額
プロミス4.5%17.8%1万円~500万円
アコム3.0%18.0%1万円~800万円
アイフル4.5%18.0%1,000円~500万円
SMBCモビット3.0%18.0%1万円~800万円
ノーローン4.9%18.0%1万円~300万円
アイフルファーストプレミアムカードローン4.5%9.5%100万円~500万円
ダイレクトワン4.9%20.0%1万円~300万円

表から、銀行カードローンの上限金利は14%~15%となることが多く、消費者金融では18%前後とされていることが分かります。

オリックス銀行カードローンやジャパンネット銀行ネットキャッシングなど、消費者金融と同等の上限金利の設定がされている銀行カードローンもありますが、少しでも低金利でキャッシングしたいと考えている人は銀行カードローンの中から借入先を選ぶのがポイントです。

銀行で借りるならチェック

低金利ならおまとめローンもおすすめ

通常のキャッシングやカードローンと違い、複数の借入をまとめる目的のキャッシングが「おまとめローン」と呼ばれるものです。

おまとめローン

総量規制によってこれ以上の借入が出来ない場合でも、おまとめの条件次第では借金の一本化が可能となります。

おまとめできる条件には、現状の金利で返済した場合よりも、最終的に支払う利息が少なくならなければなりません。そのため「おまとめ」系の目的ローン商品は低金利となっています。

おまとめを狙うならチェック

東京スター銀行:スターワンバンクローン
年率5.8%~14.8%、限度額は30万円~1000万円以下となっています。
金利を見てもらうと分かるように、現在では銀行系カードローンであれば同程度の金利で借り換えが可能です。

アコム:貸金業法に基づく借換え専用ローン
総量規制の関係で通常のキャッシングが利用できない方のために、アコムでは借換え専用のローン商品があります。限度額は300万円までで、実質年率7.7%~18.0%となっています。銀行系では融資が受けられない人でも利用しやすいおまとめローンでしょう。

借り換えを狙うならチェック

アイフル:おまとめMAX
融資限度額500万円まで、実質年率12.0%~15.0%のおまとめ用ローン商品です。また、借換え用の「かりかえMAX」(実質年率12.0%~17.5%)もあります。

おまとめを狙うならチェック

低金利でのキャッシングでも月々の返済額を把握しよう!

低金利でのキャッシングを一番に考えるのはとてもいいことです。ですがそれだけではいけません。

いくら低金利とはいえ、金利だけを払うわけではありませんよね?ですので金利を含めた毎月の返済額がしっかりと返していけそうか。その点を十分意識して申し込みしましょう。

ただその際に覚えておきたいのが、銀行も消費者金融も審査があるということ。これはどこもそうなので、簡単にお金を借りることはできないと思っておきましょう。

準備をきちんとした上で少額融資を希望するなら審査通過が期待できると言えるでしょう。

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】