親にお金を借りるのはありかなしか?

親にお金を借りる機会は皆さん多いのではないでしょうか?でも身内だからと言ってお金の貸し借りは思わぬトラブルを引き起こすこともあります。また親族や親にお金を借りると税金(贈与税や相続税)が発生するケースもあるのて注意が必要です。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

親にお金を借りるのは親子の関係状況や、借りるあなたが社会人なのか学生なのかによっても変わってきます。

たとえ親だとしてもお金を借りる理由や金額によっては親子関係がギクシャクしてしまう可能性もないことではありません。

しかし親にお金を借りることはオレオレ詐欺ではないわけですから、下手な言い訳をするよりも正直にお金を借りたい理由を話すのが最善です。

だからこそ親にお金を借りる場合には、親を裏切るような借り方をしてはいけません。

金融君1

そこで今回の記事では親にお金を借りる方法叱られにくい言い訳など、サイト内にて情報をまとめて解説していきたいと思います。

実の親から借りる場合でも借用書は必要?

まず、一番大事なこと。

親子だからこそ、一番身近にいる人だからお金のことで必要以上に迷惑をかけたくない、これからもいい関係性を保ちたいというのであれば、血のつながりのある父親・母親にお金を借りる時は"借用書や契約書"は必ず作っておくようにしましょう。

親の中には「いつ返してくれてもいいんだよ」と口にする方もいるかもしれません。

しかし実は、親子間のお金の貸し借りで借用書や契約書が必要なのにはわけがあるのです。

親族や親にお金を借りると税金(贈与税や相続税)が発生するケースが

当たり前のことですが、銀行や金融業者からお金を借りた場合には贈与税はかかりません。

ですが、親にお金を借りる(親族も含め)場合には贈与税がかかる場合があります。

なぜ贈与税がかかってしまうのかというと、親や親族からお金を借りたとき、元金しか返済しない、いわゆる"無利子でお金を借りた場合に"贈与税が掛かるからです。

その金額は利子に相当します。

親にお金を借りる時「出世払いでいいよ」「ある時に返してくれたらいいから」と言われるかもしれません。

それどころか「返ってこなくてもいいや」と思っている親御さんもいるかもしれません。

ですが、これが贈与税がかかってしまう原因なのです。

金融君1

「もらったのではなくて借りているのだ」と判断できる条件がそろっていないと、税務署に「実質はもらってる(贈与)じゃん」とみなされてしまうのです。

親にお金を借りる時に贈与税がかからないようにするための方法

贈与税を回避するには「贈与じゃなくて借金だ」ということを明確にしておく必要があります。

その為、次の2つの対策を行っておきましょう。

親からの借金に贈与税が課税されないようにする方法

  • 借用書などの書面に借金内容を残しておく
  • 返済した証拠を残しておく

親からの借金内容は、借用書などの書面にして残しておきましょう。

記載しておくべき事項は、次の8つです。

  • 契約書を作成した日時
  • 借主と貸主の氏名・住所・押印
  • 借入金額
  • お金が受け渡された日
  • 返済方法
  • 返済期日
  • 利息
  • 遅延損害金など、返済が遅れたときの取り決め

それから「実際に返済している実績」を残すために、返済は手渡しではなく口座振込で行いましょう。

金融ちゃん

借用書さえあれば「これは親からお金を借りた結果の借金です」という証明になるのでは?
金融君1

手渡しで返済を行うと、「借用書は形だけで、実際は返済していないんじゃないか」と思われる恐れがあるからです。返済する時は、親が管理している口座に振り込みましょう。

贈与になっても贈与税がかからない金額で借りるのも手

また、親にお金を借りる時に、贈与税が非課税になる範囲で親にお金を借りるという方法もあります。

子どもが親からお金をもらっても、年間110万円以下なら贈与税はかかりません。

ちなみに20歳以上の人が親からお金をもらい「贈与」と見なされた場合、かかる贈与額は次のとおりです。

  • 贈与税額 = 課税価格(贈与財産-110万円) × 贈与税率 - 控除額

親にお金を借りる時は、返済時に利息を払うこと

利息について借用書などの書面に記載しておくようにお伝えしましたが、親に利息払うなんて嫌だとか、親が利息なんていらないと言っているという人もいるでしょう。

しかし、極端に低い金利だったり無利子だったり、金利に関する取り決めがなかったりすると贈与とみなされる可能性が高まるので、金利は必ず決めておきましょう。

贈与税対策ということもありますが、社会的な責任を果たすためにも親からお金を借りたら民法で定める金利年5.0%を基準として利息を支払うようにされてはどうでしょうか?

多額の借り入れをしているのに無利子の場合、借金だと認められても「借主は利子分の金額を得している」と指摘されて、利子分にだけ贈与税がかかってしまうことがあります。

親から借金する場合には、銀行や消費者金融で借りるより低い金利で問題ありません。社内融資で年利1%くらいなので、年利1~5%程度が妥当だと思います。

親にお金を借りる理由・言い訳

ここまでは親にお金を借りる注意点をまとめてきましたが、まずは親に何故お金が必要なのか?理由を伝えなければなりません。

なんの理由もなくメールでお金を貸してと親に伝えたところで、普通は貸してくれないでしょう。数万円以上お金を借りたい場合は、メールではなく直接もっともらしい理由を伝えなければいけません。

金融ちゃん

親からお金を借りた経験がある人たちは、どんな理由でお金を借りることになったのか、ちょっと気になりますよね。
金融君1

また「親にお金を借りるなんて、情けないと思われるのでは」と思う人もいるかもしれません。目的はさまざまですが、主に次のような理由でお金を借りる人が多いようです。

義親や実親にお金を借りる理由・言い訳

親にお金を借りる言い訳【社会人編】

  • 治療費、入院費
  • 住宅ローン、マイカーローンの頭金
  • 事業のスタート資金
  • 冠婚葬祭の費用

親にお金を借りる言い訳【高校生・大学生編】

  • 一人暮らしの生活費
  • 教材費、免許・資格取得費
  • 卒業旅行の旅費

学生や社会人でも以上のような理由を伝えれば、もっともらしい理由で了解してくれる可能性があります。

それでは、逆に親がお金を貸してくれない理由や言い訳を挙げてみましょう。

  • ギャンブル費
  • 飲み代
  • デート代
  • 遊ぶお金

以上の理由は、一般的にお金を貸してくれない可能性が高くなります。

金融ちゃん

つまり、基本的に遊ぶお金を貸してくれる親は少ないということですね。まだ働いていない学生さんが卒業旅行の旅費を頼めばギリギリ貸してくれるかもしれない、といった感じでしょうか。

一方、遊ぶお金以外なら貸してくれる親は多いでしょう。

例えば、一人暮らしの生活費を頼めば、引っ越し代をふくめてまとまったお金を貸してくれるかもしれません。

また、教材費・資格取得費であれば、自身のスキルアップが理由になりますので、親としては貸したお金が有意義に使ってくれると思うでしょう。

マイカーローンの頭金は、まとまったお金が必要なことを親も理解していますし、自動車を所有していなければ通勤できない職場であれば理由としては充分です。

また、事業のスタート資金は、親に入念に作成した計画書を見せることで、理解を得られる可能性もあるでしょう。

ただ、治療費・入院費はお金を借りることは難しくありませんが、病名や入院の理由を伝えなければなりません。親に余計な心配を掛けたくない人は治療費・入院費を口実にお金を借りるのは避けた方が良いでしょう。

金融君1

両親からお金を借りるべきか、思い切って贈与をうけるか、いずれにしてもご両親の財布や口座からのお金を使用する場合には、最初にはっきりと返済について決めておくことをお勧めします。

家族間だからこそ、お金の貸し借りについていい加減な話を進めるとトラブルに発展しやすくなります。

ご両親から借金をする場合には、「金銭消費貸借契約書」の作成からはじまり、しっかりと返済までおこないましょう。贈与税だと指摘されしまうと、意外に大きな税金を納めることになります。(1,200万円の贈与に対して、207万円の贈与が発生)

相続をみこして、お金の借入ではなく贈与となるよう、非課税枠の話もしながら説得してみてください。

どうしても親から借りられない人はどうしたら良い?

  • 親にお金を借りるなんてとても言えない
  • でも支払いがあるからお金は借りる必要がある

お金に関して厳しい親もいるので、そういった人は別の方法を検討しなければいけません。

お金を借りるなら親や友人が最善ですが、それが難しいと感じているのであれば、カードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

銀行や消費者金融からお金を借りることに抵抗がある人は多いですが、仕組みを把握することで不安は確実に解消できます。

こっそり借りられるカードローンやキャッシングが人気

カードローンの中でも、親からお金を借りられなかった人に人気なのが、内緒でこっそり利用できる消費者金融の商品です。

申し込みから契約するまでの手続きがネット上で進められるので、周囲の人にバレにくくなっています。

必要書類もネット上から提出可能

通常の申し込み方法と違い、書類提出までもがインターネット上からおこなえるので、郵送物でバレてしまう可能性もほとんどありません。

ネット上から書類を提出するには、手持ちのスマホで運転免許証を撮影し、その画像をアップロードするだけの簡単ステップです。

運転免許証がない人は、下記のいずれかを用意しておけばスムーズに手続きが進められるでしょう。

審査に必要となる本人確認書類

  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

みんなが利用している消費者金融カードローンはこちら

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】