友達にお金を借りる時のメリットやデメリットについて詳しく解説しています。友達にお金を借りる場合に気を付けたいこと、また友人関係が壊れない方法などはあるのでしょうか?
友達 親 お金を借りる

友達にお金を借りる時の注意点

これまで築き上げてきた友達関係を失いたくない!とは誰でも思うことです。

金融ちゃん

お金が必要になってどうしても自分の手持ちでは足りないとき、友達に頼りたい、だけど友人関係のことを考えると躊躇する、と悩みが尽きませんね。

どうしても友達からお金を借りなければいけない状況になったとき、どうすればお互いの為になるのか、友達関係が壊れてしまう前に役立つ情報をチェックしておきましょう。

金融君1

一度壊れてしまった友達関係を修復するのは簡単なことではありません。そこで今回の記事では、友達からお金を借りるときの注意点について、いくつかご紹介していきます。

今すぐお金が必要なら友達に借りるよりキャッシングが早い

キャッシング・カードローンは最短で確実にお金を用意できる方法です。

  • 友達に迷惑がかからない。
  • 審査に通れば、確実にお金を借りられる。
  • ATMで出金できて、周囲の人に気付かれにくい。

最短で今日中に借りれるプロミスなどのキャッシングなら、友達に借りるより早いでしょう。

カードローンの審査基準は取り扱う業者によって異なり、審査に通りやすい商品もあれば、通りにくい商品もあります。

そんな時カードローンの審査が不安な方は、公式サイトにある「仮診断」を受けてみてはいかがでしょうか。

仮診断はそれぞれの公式サイトに「〇秒診断」という形で設置されており「年齢」「雇用形態」「年収」「現在の他社借り入れ」などを入力することにより、事前に融資可能か診断してくれる機能です。(各企業によって項目の違いはあります)

試しに次の条件で「プロミスの3秒診断」をおこなってみました。

プロミス 仮診断

  • 年齢:28歳
  • 年収:50万円
  • 他社借入金額:なし

この場合、3秒診断では「ご融資可能と思われます」と表示されました。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

金融君1

もしシミュレーション結果で「融資は難しい」と表示されても個人の信用情報に傷が付く事もないので、安心して利用する事が可能です。

現金でなくていいならクレジットカードで支払いを

金融ちゃん

友達からお金を借りる理由が何であれ、現金でなくクレジットカードで解決できませんか?

ここでは、クレジットカードを持っていない人に向け、最短で今日中に発行できるクレジットカードとしてACマスターカードは、他のクレジットカードと審査基準が違うともいわれるクレジットカードで、大至急お金が必要な人に重宝されているようです。

友達からお金を借りるなら上限はいくらまで?

金融ちゃん

どうしてもお金が必要な時、友達を頼る人も多いですが、実際友達からいくらまでならお金を借りることができるか気になりますよね。
金融君1

もちろん自分が今いくら必要なのか、それも重要なんですが、友達は業者ではありませんから、いくら貸してくれるかは友達次第です。

街頭アンケートによると、友達にお金を貸す場合いくらまでなら貸せるか、という答えですが

  • 10,000円 30%
  • 30,000円 20%
  • 50,000円 20%
  • 100,000円 20%
  • 20,000円 10%

このような数字が出ています。

ただし、これは貸す側の年齢や立場によって様々なので一概に言い切れません。

例えば年齢が40歳ぐらいで妻、子供がいる場合と独身の場合では貸すことができる上限に大きな開きがあるかと思います。

ですから年齢というよりも立場によって上限に違いがあると解釈するといいでしょう。

友達にお金を借りる金額によっては理由を勘繰られる

結論からいうと、1週間以内に絶対に返せる金額でなければ、相談するのはやめましょう。

実際に貸してと言われて「100円」「1,000円」など、その時にたまたま足りなかったような場合だと、早ければその日中に返せるかもしれません。

では、「1万円」をお願いすると、頼まれた友達の反応はいかがでしょうか?

「貸してもいい金額だ」と思ってもらえる金額は、もちろんその人とその人の基準があります。

金融ちゃん

その基準を超えた金額を相談すると「そんな金額を借りてまで何に使うの?」って疑心暗鬼に思われるかもしれませんね。
金融君1

金額によってお金を借りてもいいということではありませんが、相談した金額によっては貸した側の心境が変わることは間違いないと思います。

お金を借りる理由は友達に説明しよう

借りたお金の使い道はちゃんと友達に説明しましょう。

説明しなかった場合は「お金を貸してと言われたけど、使い道は教えられないの?」と、余計に不信感を覚えさせてしまうかもしれません。

使い道がわからないまま詳しい理由の説明もなくお金を貸してくれる人は滅多にいないので、いくら親しい友達であっても説明をしっかりしましょう。

お金を貸して欲しいと言われた友達もきっと思うことでしょう。

  • なぜ私に頼むのか
  • 私を甘く見ているのか
  • 他に頼める人がいないのか
  • 金融機関から借りることができないのか

様々な疑念が湧いてきます。

いくら親しい友人関係と言っても友達はあなたの財布ではありません。

金融ちゃん

たしかに都合のいいようにATM代わりにされたのではたまったものではありませんね。

せっかく今までなんでも悩みを聞いてきたのに、結局はお金を借りたいがための芝居だったのかと思うことさえあるのです。

友達にお金を借りる時の信頼関係を保つお金の借り方

金融ちゃん

なるべくなら友達からお金を借りたら一括ですぐに返済したいですよね。

友達は貸金業者ではありません。利息を取ることを目的にお金を貸すわけではありません。

あなたを信頼してお金を貸すのですから、お金を借りたら一刻も早く一括返済することを心がけましょう。

ただし無理な返済計画で適当な日にちを言ってしまったのでは、逆に信頼関係を壊してしまう原因となるので、確実に返済できる日にちを明確にすることです。

お金を借りる友達に一筆書く

お金を貸してくれた友達が求めなくても、あなたの方からお金を借りたことを証明するために、略式でも構いませんので借用書的なものを一筆書きましょう

お金を借りる 書類

名刺の裏でもメモ帳でも構いません。

  • お金を借りた日
  • 借りた金額
  • お金を借りましたと言う表現
  • 返済日
  • 一筆書き入れた日にち
  • あなたの住所と氏名

正式な借用書ってなくても構いません。

他人に対して友達があなたにお金を貸したことを証明することができればそれでいいのです。

金融君3

あなたが万が一返済できないとしても、親が立て替えて払ってくれるように友達が請求するにはお金を借りた一筆がなければ証明できません

この時、できれば金利についても書いておくと良いでしょう。

お金を借りる友達には利息をつけて返すこと

銀行カードローンや消費者金融からお金を借りたら、借りた元金分と利息を加算して返済するのが普通ですよね。

個人間のお金の貸し借りでも利息を取っても良いことになっています。

出資法上は年109.5%まで利息を取ることが許されていますが、一般常識から考えると利息制限法に基づいて利息相当分を支払うのがマナーでしょう。

金融君1

10万円未満の借入なら、利息制限法によって金利は年20.0%まで受け取ってもいいと定められています。

利息の計算方式は次の通りですから、借りた金額によっていくらのお礼をすれば良いのか見ていくと

利息額=借りた金額x0.2/365x借りた日数

例えば5万円を借りて10日後に返済したとすれば、利息の計算方法は次のように行います。

利息額=5万円x0.2/365×10

計算結果求められた利息額は273円

それじゃあちょっとお礼として足りないのではないか、5万円もお金を借りたら3,000円くらい支払っても不思議じゃないのではないか?

あなたの気持ちはわかりますが、出資法によって受け取ってもいい利息の割合は年109.5%であることを忘れてはいけません。

金融君1

5万円を10日間借りて支払ってもいい利息は上限1,500円です。

それ以上の金額を友達に利息として支払ってしまうと出資法違反に問われる可能性があります。

個人間のお金の貸し借りですからお金を借りた事実が外部に漏れることはないとしても(実際にはお咎めなしがが現実ですが)、万が一のことを考え、お礼は出資法の範囲内で行うようにしましょう。

お金を借りる友達に返した後一杯おごる

友達からお金を借りて無事に返済することができたら、居酒屋で一杯おごるくらいの気持ちで誠意を見せましょう。

お金を返済した後なら出資法は関係ありません。

おごった金額が3,000円になっても5,000円になっても問題はありません。

金融ちゃん

あのときお金を貸してくれて本当にありがとう、と言う感謝の気持ちを十分に伝えることが今後も信頼関係を続けるには必要なことですよね。

ただし気をつけたいのは、一杯おごるのは次の借金をしたいからではないか、と友達から疑われないようにすることです。

飲みに誘う時間が作れないなら、友達が好む食べ物や嗜好品をお礼として届ける方法もありですね。

なにしろ窮地を救ってくれた友達は恩人です。恩人に対して誠心誠意あなたの気持ちを伝えることは何より重要です。

世知辛い世の中、友達がお金を貸してくれると言うのはなかなかないことです。

金融君1

あなたのことを心配して用立ててくれたお金ですから、利息を支払うことでケリをつけるのではなく気持ちを伝えることを優先的に考えるようにしたいですね。

お金を借りた友達に繰り返して借りない

友達からお金を借りてすぐに返済しても、借りる度に何らかのお礼を渡してはいても、あまりにも何度も借金を申し込むのはマナー違反です。

又貸しはもってのほかです。

友人Aに借りたお金を返すために友人Bからお金を借りて返せたとしても、もしそのことが友人Aの耳に届いた時は信頼関係を取り戻すことは不可能でしょう。

金融君1

借りた方は全く迷惑を掛けていないと思っていても、貸した方は精神的な負担を感じている可能性が非常に大きいのです。

友達にお金を借りるよりも金融会社から借りる方が良いケースも

人間関係や人の気持ちはお金で買えるものではありません。

信頼を失いたくない、関係を良好に保っていきたいと考えるなら、銀行や消費者金融から借りた方が、余計な気を遣わない分良い場合も少なくありません。

お金を借りる友達の心理【Yahoo!知恵袋より】


昨夜友達からメールで5万円貸して欲しいと言われました。

理由は、借金が返せないからだそうです。

必ず返すといわれました。

皆さんなら貸しますか?

良ければ意見を聞かせてください・
その子とは、中学校が同じで、そのときは結構仲良かったのですが、高校は別々の学校だったため、朝電車などであったりして話す程度でした。

でも高校卒業後は、ほとんどといっていいほど会わずお互いアドレスを変えてしまっていたためメールなどもせず1年ほど音信不通でした。

その後、1年ほど前に再会したのですが、それでも会うのは数ヶ月に1回電車や町で会って少し話をするくらいです。(再会したときにアドレスの交換をしました。)

でも交換後もほとんどメールはしていません。

久しぶりに来たメールが昨夜のものです。

私は、今年学校を卒業して就職したばかりです。

まだ初任給をもらっていない私にとって5万円は大金です。

一応5万円くらいのお金はあることにはあるのですが、それでも貸してと言われて容易に貸せるものではありません。

たとえ初任給をもらっていたとしても簡単に貸せる金額ではないと思うのですが。


絶対に貸しません。
友達間でのお金の貸し借りはタブーだと私は思っています。

あなたの友達を自分に置き換えて考えてみてください。
お金に困っている時に、友人に『お金貸して』なんて簡単に
言えますか?
私には絶対できません。大切な友人なら尚更です。

厳しい言い方かもしれませんが、彼女にとってあなたはどうでも
いい存在なんだと思います。
迷惑かけても心が痛まない程度には。

大体、借金が返せないのは何故ですか?
お金がないからでしょう。
そんな人が後からお金を返してくれるはずありません。

良い人になる必要はありません。
身の丈に合わないお金の遣い方をした友達が悪いのですから、
自分で責任を取らせるべきだと思います。

それにお金を貸すと言う行為は友人関係だけでなく、貸した相手
をもダメにしてしまうことがあります。
地道に働いてお金を得るよりも、楽して誰かからお金を借りること
ができるのならその方がいいとは思いませんか?
おそらく真面目に働くのがイヤになりますよ。
こういうタイプの人間は一度味を占めると何度も同じ事を繰り返し
ます。
友人のためを思うのなら余計にお金は貸してはいけないと思います。

引用:ヤフー!知恵袋

金融君1

・・・やはりこうして本音を見ると、金の切れ目が縁の切れ目となることが多いようです。短期間なら無金利で利用できるところもあるので、活用してみるのも良いでしょう。
金融ちゃん

友達からお金を借りる時にわずかの金額で気まずい雰囲気が残るのなら、自己解決の道を選んだ方が良いかもですよね。

1万円や2万円、3万円の少額融資は普通に仕事をしている人であれば、信用情報に問題がない限り借りることができる可能性の高い金額です。

銀行カードローンにせよ消費者金融にせよ、10万円以下の借入は少額融資の部類です。

金融機関にとって少額融資は比較的安全で貸しやすい金額

金融君1

ちなみに膨大な顧客データを分析することで、10万円以下の借入で金融事故を起こす人の割合はほとんどいないことがデータ上判明しています。

まして10万円以下の、1万円や2万円、3万円の超少額融資になれば、パート収入やアルバイト収入でも、20歳以上で働いている人なら学生でも借りることのできる金額です。

たとえ初めてカードローンで借りるにしても、過去に各種ローンの長期滞納をしたことがある、または債務整理をしたことがあるのでなければ審査に落ちるケースはあまり見受けられません。

金融ちゃん

3万円以下の金額であれば給料が入れば一括で返済できる金額ですし、1万円や2万円となると、かなり返済しやすい金額でもありますね。

信頼できる身内がいればまずそちらに相談を。お金を借りる際に友達との人間関係を崩したくないのであればカードローンに申し込んでみてはどうでしょうか。

TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】