5万円を借りる時に知っておきたいキャッシングの注意事項

5万円だけ借りる。今すぐ5万円を借りるとなった時、お金を借りる方法は以外にも数多くあります。今回は今日中に5万円お金が必要という場面で皆が行った方法をまとめました

今すぐ5万円を借りたい時

  • 給料日前で、手持ちがない
  • 散財しすぎて給料日前にお金がない
  • クレジットカードの引き落とし日だけど、残高不足で払えない

急に5万円程度が必要なことに気づいたり、必要になる場面って誰でも経験することだと思います。

すぐにお金を手に入れる方法として親や友人に借りるという方法がありますが、5万円借りるにしてもなかなかの大金ですし、親や友人に気軽に貸してくれと頼めることでもありませんよね。

そもそも頼んだとしても、すぐに5万円をポンと貸してくれないと思います。。

自分に当てはめてみるとなかなか難しいことですよね。友人から借りるには多すぎ、親から借りる場合でもなかなか言い出せる金額ではありません。

5万円を借りるがために人間関係が壊れてしまったのでは元も子もありませんね。

「でも今すぐ5万円が絶対に必要なんだ・・・!」

そんな人にオススメしたいのがカードローンで5万円借りる方法。今回はどうやって即日で5万円借りるのか、どこのカードローンで5万円借りるのが良いのかをわかりやすく解説していきます。

即日融資でお金を借りる

1月申込ランキング特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり
⇒⇒プロミスはこちら

SMBCモビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし
⇒⇒SMBCモビットはこちら
アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結。
⇒⇒
アイフルはこちら

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

今日中に5万借りるなら消費者金融のカードローン

どうしても今日中に5万円借りなければならないのに、申し込んでみたら審査には通ったものの融資されるのは明日だ、となってしまってはまさに万事休すですよね。

少額融資

今日中に5万円借りるなら融資審査の速度が早い消費者金融がおすすめです。

「消費者金融って金利が高いんじゃないの?」思われるかもしれませんが、借入金額が5万円だと、銀行カードローンで借りても消費者金融で借りても金利の差ほど利息の違いは出ないのです。

銀行カードローンの標準的な金利は年14.5%なのに対して、消費者金融の標準的な金利は年18.0%です。

仮に5万円を30日借りたとしても、銀行カードローンの負担利息は595円。

一方消費者金融の負担利息は739円です。こうして比べると、思ったほど消費者金融の利息は高くないと思ったのではないでしょうか。

まして初めて大手消費者金融から借りる場合は30日間無利息サービスを利用できます。

5万円を借りるとして30日以内に返済すれば利息は0円

カード金利年無利息期間
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息

上記のカードローンであれば、たとえ返済期間が2カ月になったとしても、負担しなければならない利息は1カ月分だけで済みます。

無利息キャッシング

つまり5万円借りるなら、2カ月以内に返済すれば実質的な金利は年9.0%と銀行カードローンよりもはるかに低い金利で借りることが出来るのです。

5万円借りる時の最低限の審査条件

借りる金額が少額とはいえど、必要最低限の融資審査は行われます。したがって5万円の金額でも、借りることが出来る人と借りることが出来ない人に分かれます。

お金を借りる時の最低限の条件は

  • 年齢20歳以上69歳まで
  • 継続安定した収入があること
  • パートやアルバイトで仕事をしている人でもOK

つまり普通に働いて毎月給料をもらっている人であれば信用情報にキズがついていない限り、誰にでも融資のチャンスはあるということですね。

アルバイト・パートでも借りられる

金融機関が商品展開しているカードローン商品は、大半がアルバイト・パートでも借入可能です。

カードローン

100万円以上の高額融資を希望するなら正社員が望ましいですが、5万円程度の少額融資を希望する場合には、年収100万円未満のアルバイト・パートでも問題ありません。

実際、カードローン会社の利用条件には、「申込者本人に安定した収入があればパート・アルバイトでも利用可能」という旨が記載されています。

なお、毎月1回以上の収入が2か月連続していれば、アルバイトやパートでもカードローン会社から5万円借りられる可能性が高いです。

詳しい借入方法の流れをチェック

5万円借りたい時の消費者金融の選び方

5万円借りたい時は、ご自身の利用目的に合った消費者金融を選ぶのがポイントです。たとえば、アイフル、プロミス、SMBCモビットなどの各消費者金融のカードローンには、下記のような特徴があります。

  • 最短でお金を借りたい人:融資速度に優れている「アイフル」
  • 返済負担を減らしたい人:便利な無利息サービスを提供している「プロミス」
  • こっそりお金を借りたい人:勤務先や自宅への電話連絡がない「SMBCモビット」※

    ※SMBCモビットのWEB完結申込を利用する条件は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている人。
    ※「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」などの書類提出が必要

    「アイフル」「プロミス」「SMBCモビット」は、どれも即日融資が可能です。そのため、自分に合った大手消費者金融のカードローンを選び、申し込みを行いましょう。

    カードローンの比較はこちら

    5万円を借りる時の審査の注意点

    [su_note note_color="#c9f5d0" text_color="#1e1818"]逆を言えば、他社借入が年収の1/3以内に収まっていれば、他社で借り入れを行っていても5万円の融資審査に通る可能性は残されています。

    総量規制

    ただしあまりにも総量規制ギリギリだと審査に落とされてしまう可能性も。

    もちろん信用情報に他社借入返済状況が悪いことが分かってしまうと審査に大きく影響を与えてしまうので、他社借入がある場合は他社への返済に遅れがないようにしておきましょう。[/su_note]

    他社借入があるなら要チェック

    借入希望金額は多く書かないこと

    銀行カードローンの最低貸付金額は大体が10万円以上からですが、消費者金融の最低貸付金額は大体の会社が1万円から申し込みをすることが出来ます。

    この時、本当は5万円だけ借りれれば良いけれど、念のために借入希望金額を20万円にしておこうか、その考えは厳禁です。

    審査項目が多くなってしまい審査に時間がかかるばかりか、場合によっては審査に落ちてしまう可能性も出てきます。

    できるだけ借入審査をスムーズに行うには、必要最低限だけを借入希望金額にすると、計画的にお金を借りようとしている、と判断されやすくなります。

    詳しい借入方法の流れをチェック

    5万円を借りると返済額や利息はいくらになる?

    消費者金融で5万円を借りる時に1回払いや2回払いでなく、分割払いにした場合、返済額や利息額はどうなるのでしょうか?

    利息の計算方法は次の計算式に数字を当てはめると簡単に求めることができます。

    • 利息額=借入残高x金利/365日x利用日数

    利息は基本的に日割り計算で、借入残高に対して金利をかけたものを365日で割り、1カ月当たりの日数を利用日数にすれば良いです。

    例えば初回の支払いの場合で30日間、金利年18.0%で借りたとすると、それぞれの数字を上記の計算式に代入すれば利息額を求めることができます。

    • 利息額=5万円x0.18/365日x30日

    これを計算すると739円が利息になります。

    5万円を借りる時の返済額や利息の目安

    カードローン金利(年)最低返済額返済回数利息総額1回払い
    消費者金融プロミス17.8%2,000円32回1万2,923円731円
    アコム18.0%3,000円20回7,960円739円
    アイフル18.0%4,000円14回5,778円739円
    SMBCモビット18.0%4,000円14回5,778円739円

    ※シミュレーションの結果と実際の利息額は異なる場合がございます

    以上のように、毎月の返済額を少なくすると経済的にラクに返済することができます。とはいえ返済期間が長ければ、その分だけ利息の支払額が多くなることは覚えておきましょう。

    今すぐ5万円借りるための必要書類

    インターネットやスマホで借入を申し込む場合、最低限必要な書類は本人確認書類です。

    印鑑は必要ありません。本人確認書類は主に次の書類です。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 写真付きマイナンバーカード

    健康保険証でも本人確認書類とすることができますが、追加書類を用意しなければなりません。

    健康保険

    申し込んで今日中にお金を借りるために、公共料金の請求書や領収書、または住民票を事前に用意しておくようにしましょう。

    なお運転免許証やパスポートで本人確認書類とする場合は現住所と一致させておく必要があります。

    必要書類を要チェック

    他社借入がある人は5万円でも収入証明書が必要となる場合が

    他社借入がある人が気をつけなければならないのは収入証明書類が必要になることがあると言うこと。

    他社借入金額と今回借りる5万円の金額の合計金額が100万円を超える場合は収入証明書を提出しなければなりません。

    収入証明書が提出されなければ、いくら今日中に5万円借りたいと思っても借りることはできません。

    収入証明書とは次の書類のことを言います。

    必要書類

    • 源泉徴収票
    • 給与明細書直近2カ月分+ボーナス時
    • 市県民税納税通知書
    • 所得証明書
    • 確定申告書(自営業者)

    心当たりのある人は大手消費者金融に申し込む前に、事前に収入証明書を入手しておきましょう。

    源泉徴収票は毎年年末に会社から手渡されると思います。しかし確定申告が必要ない人にとっては不要な書類です。

    源泉徴収票や給料明細書をきちんと保管していない人は、市区町村役場から所得証明書を取得しておいてください。

    専業主婦が今すぐ5万を借りるには

    収入のない専業主婦は大手消費者金融から借りることができません

    中小の消費者金融の中には配偶者貸付によって収入のない専業主婦でも借りれる場合がありますが、採用しているところはかなり少ないです。

    専業主婦がどうしても今すぐ5万円借りる必要がある場合は銀行カードローンを申し込んで借りる方法があります。

    詳しい借入方法の流れをチェック

    配偶者に安定継続した収入があれば、収入のない専業主婦でも5万円を借りることが出来る可能性はありますが、ただしどこの銀行でも専業主婦向けの貸付を行っているわけではありません。

    また必ず今日中に5万円借りることができるとも限りません。

    銀行カードローンの公式サイトで専業主婦向けの貸付を行っているか調べ、今日中に5万円借りることができるのかカードローンセンターで相談してみましょう。

    今すぐでなければ5万円借りずに済むかもしれない

    今日明日のうちに5万円必要という人でなければ、カードローン以外にもお金を工面する方法はあります。まずは、下記の方法を確認しましょう。
    • 1週間以内→親や友人に頼む

    • 2週間以内→売れる物を探す

    • 3週間以内→クレジットカードのキャッシング枠を利用する

    • 1か月以上先→高時給・高単価のアルバイトをする

      いつまでに5万円必要なのかによって、お金を工面する方法が異なります。

      1週間以内に5万円借りる方法「親や友人に頼む」

      1週間以内に5万円を借りる必要があるなら、親や友人に頼むことでお金を工面できるかもしれません。

      5万円を借りるのにお金に困ったときに親(家族)や友人に頼めるといいのですが、1万円以上のお金をすぐに財布から出して貸してくれる人はそう多くはないのではないでしょうか。

      千円や二千円なら「仕方ないな」とすぐに貸してくれるでしょうが、5万円借りるとなると相手もちょっと考えてしまうようです。

      ただし1週間の猶予とあなたの頼み方次第では、親や友人から5万円借りることが出来る可能性もあるでしょう。まずは親や友人にお金を借りる覚悟を決めて、下記の手順を試してみてください。
      • 親や友人の気分が良いタイミングを見つける

      • 親や友人が喜ぶことをする(プレゼントをあげる、褒める、感謝するなど)

      • 「5万円貸してほしい」とお願いする

        一見すると、小学生でも思いつきそうな方法ですが、親や友人の気分が良いタイミングで相手が喜ぶことを行ない、相手が感謝しているうちに「5万円貸してほしい」とお願いすると、相手は断りづらくなって承諾する可能性はあります。

        即日融資を狙うならチェック

        2週間以内に5万円借りる方法「売れる物を探す」

        2週間以内に5万円借りる必要がある人は、売れる物を探してみましょう。

        ローンカード

        なお、売れる物を探す際は、何も自宅だけではありません。たとえば、仲の良い友人にいらないものがないかを相談することで、思わぬ掘り出し物を手に入れられるかもしれません。

        なお、高値で売れる可能性があるものは、以下の通りです。
        • パソコン

        • スマートフォン

        • 電化製品(冷蔵庫や電子レンジなど)

        • ブランド物のバッグやアクセサリー

        たとえば、TwitterやFacebook、LINEのタイムラインから「いらないパソコンやスマートフォンはありませんか?」と投稿し、複数台確保できれば、5万円程度のお金を工面できる可能性があります。

        物を売るなら要チェック

        高値で売れる物を探す方法は、失業者や無職でも5万円程度のお金を工面できる可能性があるというメリットがあります。

        しかし、「売れる物を探すのに苦労する」「売れる場所を見つけるのに苦労する」「売れる物の状態によって買値が変化する」「(ヤフオクやメルカリを利用した場合)期日までに5万円工面できるか分からない)」といったデメリットもあります。

        そのため、高値で売れる物を探して5万円工面する方法は、2週間程度の余裕がある人のみ試してみることをおすすめします。

        物を売るなら要チェック

        3週間以内に5万円借りる方法「クレジットカードのキャッシング枠を利用する」

        クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

        カードローン

        • ショッピング枠:クレジットカードで買い物をする時に利用する枠
        • キャッシング枠:クレジットカードでお金を借りる時に利用する枠

          通常、キャッシング枠はほとんどのクレジットカードに付与されています。(申込時にキャッシング枠を0に設定した場合、もしくはカード会社の与信判断によりキャッシング枠が付与されない場合などはショッピング枠のみになります)

          今自分が持っているクレジットカードのキャッシング枠を確認してみましょう。確認項目は以下3点です。
          • 利用限度額
          • 利息額
          • 締め日

          キャッシング枠が設定されていない場合、設定するまでにある程度の期間は見ておいた方が良いです。

          カードで借りる前にチェック

          1か月先で5万円必要借りる方法「短期のアルバイトをする」

          5万円借りるのが1カ月先でも構わないという人は、高時給・高単価の短期アルバイトがおすすめです。

          1か月間あれば、高時給や高単価のアルバイトで5万円を工面することは十分に可能です。

          ただし、シフト制のアルバイトの場合には、給料日の関係上、1か月以内に5万円を工面できない可能性もありますよね。

          そのため、アルバイトで5万円を工面する際は、日雇いのアルバイトや2週間程度の短期アルバイトを活用しましょう。

          なお、高時給・高単価のアルバイトは、以下のようなものがあります。
          • データ入力

          • イベント設営のスタッフ

          • シール貼りやピッキング

          • 交通誘導整備

          求人を紹介しているTOWNWORK(タウンワーク)の情報によると、上記のアルバイトの中には日払いや前払いが可能なものもあるようでした。

          短期バイトに関してはこちら

          今すぐ5万円を借りるなら(まとめ)

          結局のところ、5万円を借りるなら当日に借りることはできるのでしょうか?

          金融機関にとって10万円以下の貸付は少額融資の部類に入り、高額融資よりも審査スピードが早いことから、カードローンで借金している人のおよそ60%が10万円以下の借入を行なっているともいわれています。

          たくさん金額を借りてしまうと利息がかさんでしまい、また返済期間も長くなってしまいますが、5万円の金額なら給料で一括返済することも可能な範囲ですよね。

          例え分割返済したとしても利息を別にして残金2万5,000円ずつ2回払いで借金完済することができる金額です。

          さらに5万円の金額を無利息サービスがある金融機関から借りることで、クレジットカードのキャッシングや銀行カードローンで借りるよりも結果的に利息の支払額が少なくなることもあります。

          TOP⇒お金を借りる【即日キャッシング・カードローンまとめ】